\ フォローしてね /

冷凍餃子の美味しい焼き方

冷凍ものはあまり美味しいイメージがなかったのですが、餃子の焼き方次第でとても美味しく仕上がりました。

冷凍餃子をカリカリに美味しく焼く方法をご紹介します。

用意するもの

  • 冷凍餃子:6個
  • サラダ油:大匙1杯
  • お湯

冷凍餃子を上手に焼く方法

STEP1:フライパンにサラダ油をひき、餃子を入れる

フライパンを中火で熱し、温まったらサラダ油を大匙1/2杯入れ、餃子を並べます。

くっつくと破れるので、餃子と餃子の間に間隔を置きます
型くずれするので、冷凍庫から出したての冷凍餃子を使います

STEP2:お湯を入れる

STEP1に餃子が1/4浸かるまでお湯を入れて、蓋を閉めて蒸し焼きにします。

お水を入れるとフライパンの温度が下がるのでお湯を使いましょう

STEP3:蓋を取り、油を入れる

蒸し焼きの「ブクブク」という音が小さい音になってきたら、蓋を取り、水分を飛ばすためそのまま焼きます。

水分がなくなったら、残りのサラダ油を入れて強火にし、皮がカリカリになるまで焼きます。

「ブクブク」という音が小さくなるのは、水分が減ってるサインです

おわりに

最後の仕上げに、サラダ油を使いましたが、ごま油を使うとより香りがいい餃子ができます。

焼きたては熱いのでやけどをしないように気をつけて食べてください。

筆者は、昔冷凍餃子をわざわざ解凍してから焼いて食べていたのですが、あまりに美味しくなかったので、冷凍のまま食べてみたらとても美味しく食べれました。是非お試しください!

(Photo by ~筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。