1. 暮らし
    2. 新鮮で美味しいタコを見分ける方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    新鮮で美味しいタコを見分ける方法

    タウリンやミネラルが豊富で美味しいタコは、昔から日本人の間では親しまれてきました。

    そこで今回は、美味しく新鮮なタコを見極めるコツと、その食材の持つ特徴をご紹介します。

    美味しいタコの産地

    マダコは明石のものが絶品

    マダコは日本中の近海で捕れますが、瀬戸内海の特に明石のマダコは最高の品とされています。他にも久里浜なども有名です。

    たこ焼きなど大半のマダコはアフリカ産

    たこ焼きといえば、大阪です。著者も大阪に住んでいるのですが、結構、大阪から明石は近いので、たこ焼きの中のタコは明石産のものが多いと思っていらっしゃる方が多いです。

    明石産のものを使ったたこ焼きもありますが、大半がアフリカ産の茹でても柔らかい安価なタコが使用されています。スーパーなどで、安く売られているタコもアフリカ産のものが多いです。

    水だこは北海道のものが美味

    水だこは、マダコと違って寒い海でよく捕れます。日本では、北海道や東北の水だこが美味しく、漁獲量も高いです。

    美味しいタコの見分け方

    吸盤が吸い付くものを選ぶ

    生きているタコは、鮮度がいいものはとても元気で、足などを持つと吸盤で吸い付いてきます。

    茹でダコは弾力があるものを選ぶ

    市場に行かれない限りは、生ダコより茹でダコを購入されることが多いと思います。茹でダコを選ぶときは、触って弾力があるもので、皮がめくれていなく、傷が無いものを選んでください。

    産卵後の時期が美味

    タコは、産卵の後が一番美味しい時期となります。そのため、12月〜3月ごろが一番旬ですが、年中出回ってはいます。一度、意識して産卵後のものを召し上がってみてください。

    おわりに

    タコは、味も大切ですが、食感を特に大事にしていただきたいです。火にかけすぎると硬くなってしまうので、サっと強火で茹でてください。

    是非、今回ご紹介したポイントを参考に食材を選んでいただき、より美味しい料理にするために役立てていただければと思います。

    このライフレシピを書いた人