\ フォローしてね /

タクシーやレストランで!移動と食事の時に使える中国語

このライフレシピのもくじたたむ

これまで何度か上海へ行きましたが、中国語の知識がゼロの状態から覚えて使えた言葉のうち、今回はタクシー移動の場合とレストランで食事する場合に限定して紹介したいと思います。とりあえずこれだけ覚えていれば、なんとかタクシー移動と食事はできると思います。

タクシーで

  • 右拐(ヨウグァイ)/右折して下さい
  • 左拐(ズオグァイ)/左折して下さい
  • 一直走(イーチーゾウ)/まっすぐ行って下さい
  • 这里(ジョーリ)/ここです

中国ではタクシーに乗る時、行き先を告げる際には交差する二つの通り名を伝えるのが一般的です。例えばA通り沿いにある場所へ行きたい場合、近くに交差するB通りがあれば、「A通り、B通り」と(中国語で)伝えます。

A通りとB通りの交差点付近でどちらへ行くか聞かれますので、右折か左折か直進か、それともそこで降りるかを伝えます。正確な言い方もありますが、これで通じます。

よほどメジャーな場所でない限り、直接建物や場所の名前を伝えても、なかなかたどり着けません。
  • 发票(ファーピァオ)/領収書

たまにちょっと遠回りするような運転手もいるので、タクシーを降りる際には領収書をもらうことをお勧めします。「发票」とだけ伝えればレシートを出してくれます。

助手席前に運転手の登録カードが掲げられていますが、そこには星が記載されています。星の数が多いほど優良ドライバーです。

レストランで

  • 服务员(フーユェン)/店員さん

ウェイター、ウェイトレスを呼ぶ時に使います。トラベル中国語の本にはカタカナ発音にフーウーユァンと書かれていることが多いですが、実際にはフーユェンと聞えますし、それで通じます。

ウェイトレスを呼ぶ際には小姐(シアオジエ)、と書かれていることもありますが、今はそう呼ぶと嫌がられるそうですので、服务员を使うの方が無難です。
  • 菜单(ツァイダン)/メニュー

上海のちょっとしたレストランなら写真入りのメニューを置いているところも多いので、文字だけでは想像がつかない料理でも安心して注文出来ます。「菜单」と店員さんに伝えればメニューを持って来てくれます。

  • 这个(ジョーゴ)/これ

本にはジョーゴと書かれていますが、ツィガと聞えますし、それで通じます。注文する際、「これを下さい」と言う場合、正確には「要这个(ヤオジョーゴ)」ですが、メニューを指さし、「这个」だけで通じます。

  • 没有(メイヨウ)/ありません

こう言われたら、その料理は品切れです。違うものを注文しましょう。

  • 买单(マイダン)/お勘定

レストランでお勘定をお願いする時に使います。「服务员 买单」と言えば、「店員さん、お勘定をお願いします」と伝わります。

中国では基本的にはチップの習慣はありません。

街で

  • 不要(ブヤオ)/いりません

物売りにしつこくまとわりつかれた時は、ちょっと強めに「不要」とだけ告げ、無視すればそのうちどこかへ行ってしまいます。もちろん、普通に「いりません」という意味にも使えます。

  • 听不懂(ティンブドン)/わかりません

正確には「聞き取れません(聞いても分かりません)」という意味なのですが、中国語でわーっと話しかけられても何を言われているのか意味が分からない時にも使えます。

おわりに

上海でもなかなか英語は通じませんから、どうしても中国語を使わざるを得ない場合があります。それでも今回紹介した言葉を知っていればなんとかなります。コンビニやデパートでの買い物ならほとんど会話なしで済ませられますから。

なお、正しい発音はGoogle翻訳にコピペして確認できますので、ぜひ確認してみて下さい。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。