1. 暮らし
    2. 一人暮らし向け!食費のシミュレーション【体験談】

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    一人暮らし向け!食費のシミュレーション【体験談】

    食費を制するものは節約を制するとよく言われるように、食費をいくら抑えることができるかで暮らしにかかるお金の余裕は違ってきます。

    しかし、一人暮らしの人は自炊でたくさん料理を作っても余ってしまったり、カップラーメンやビール、お菓子などで済ませていたほうが安いし楽だと考えてしまいがちです。

    筆者もかれこれ10年近く一人で住んでいましたが、毎日のようにカップラーメンだったり、お酒でごまかしていたりすると、頭痛などの体調だけでなく、メンタル面でもかなり参ってきてしまいます

    そこで、筆者の経験を生かし、一人暮らしさん一週間のだいたいの食費のシミュレーションをご紹介いたします。

    これだけは買っておいたほうが良い!マストな食材

    いざ一人暮らしで自炊をしようにも何から買ったら良いのか迷ってしまいます。そこで筆者がおすすめする食材とその値段をまとめてみました。

    お米 10kg(2000円~4000円)

    安いものだと1500円くらいで買えたりしますが、大体相場はこの位の値段です。無洗米でもあまりお値段は変わりませんので、水道代を節約したい人はそちらをおすすめします。

    10kgですと、普通の一人暮らしで2ヶ月は持ちます。炊いて小分けに冷凍しておくと、最悪今日は疲れて何も作りたくないという時など納豆や卵がけごはんでチンして食べられます。

    卵 10個入り(約200円)

    卵は毎日使います。お弁当に焼いて持っていったり、ラーメンに入れたり、卵がけごはんをしたり、色々使えるえらいやつです。筆者は一週間で1ケース使います。

    肉類(約300円)

    お肉にも色々種類がありますが、一人暮らしには鳥の胸肉やひき肉など安くて汎用性があるものをおすすめします。

    安いところだとグラム30円くらいでゲットできるので、買ったら小分けにして冷凍しましょう。

    じゃが・たま・にん(約400円)

    八百屋やスーパーに行ったら、じゃがいも、たまねぎ、にんじんは買いましょう。日持ちもするし、色々なおかずを作れるといったようにあったら良い野菜類です。

    冷蔵庫に入れておくと痛むこともありますので、常温で保管しましょう。

    ここまでで、約1400円です!(お米は1週間あたりの値段です。)

    あれば便利!一人暮らし向けの食材

    インスタントラーメン(約300円)

    インスタントラーメンばかりの生活も問題ですが、あるととても便利です。簡単に出来上がりますので、休日のお昼や、食事が面倒なときにぜひ使ってみてください。

    冷凍野菜(約108円~140円)

    袋に入った冷凍野菜はブロッコリー、にんじん、カリフラワーなどが入っています(物によってはブロッコリーだけなどもあります)。少量ですが、一人暮らしの人にはちょうどいい量です。

    100円ローソンでは108円で売っていますが、筆者がよくいくスーパーでは140円くらいで販売しており、100円ローソンのものより量が大目です。

    パスタ(約200円)

    安い上に長持ちし、色々なアレンジができるパスタは一人暮らしで買ってて損はないです。

    ここまでで約640円です!

    モチベーションをあげる食費

    一人暮らしで毎日作るのも大変だし、自分を甘えさせたいときのモチベーションをあげる食費。あってもなくても良いですが、あるだけでストレスが減ります。

    外食費(約1000円~2000円)

    家ではなかなか食べられないものを外食しましょう。リフレッシュにもなりますし、モチベーションがあがります。

    お酒(約1000円)

    お酒があると食をより楽しいものにしてくれます。特に日本酒は料理にも使えますので、おすすめです

    ここまでで約3000円です!

    合計1週間いくら?

    1週間計算で、約5040円になりました!

    ただ、この値段はちょっと高めの値段設定をしておりますので、スーパーの特売を利用したり、外食を抑えたりすると実際の一人暮らしの場合は1週間3000円くらいになることが多いです。

    だいたい一週間3000円~5000円を目安にしていただけるといいと思います。

    今回紹介しましたのは筆者の経験に基づいたものですので、実際購入する商品でだいぶ値段は変わってきます。

    食費を抑えるためのポイント

    調理用家電はファミリー向けがおすすめ

    よく一人暮らし用のミニ冷蔵庫や3合炊きの炊飯器などがありますが、それらはあまりおすすめしません。

    大きい冷蔵庫は食材の買いだめができるという利点ばかりではなく、省エネ家電であることが多いので電気量が減ったり、また食材の鮮度も保ってくれるのでいつでも美味しくいただけます。

    同様に炊飯器もファミリー用のほうが一気に炊いて冷凍保存がたくさんできる上に、ふっくら美味しく炊けます。自炊に対するモチベーションもあがりますよ。

    一人暮らし用だと、どうしてもその点が劣るので、初期の段階ではちょっと割高になりますが、絶対良いものを買うことをおすすめします。

    調味料は一通り揃えておくべし

    また上記には記しませんでしたが、調味料も最初の段階で一通り揃えておくこともポイントです。マンネリ化せず、色々な料理を作ることができます。

    おわりに

    一人暮らしだと誰も見てないといって、いい加減な食事をしてしまいがちですが、きちんと自炊をすることによってより生活が豊かになりますよ。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人