1. 趣味
    2. エレキギターを買う時にチェックしておきたい項目リスト

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    エレキギターを買う時にチェックしておきたい項目リスト

    これは2本目以降のギターでちょっと良いギターがほしくなった人むけのレシピです!

    エレキギターの選び方、なかなか難しいものですね。

    うるさい楽器屋でちょっと試し弾きをするだけではなかなかギターのよさはわからないものです。

    しかし決して安い買い物ではないですね。

    そんなときに使えるギターを選ぶ際の注意点を何点か紹介したいと思います。

    ここもチェックするよ!というのがあれば、どんどん追加していってください!

    試奏するときのセッティングをチェック

    楽器屋の店員さんに、試奏したいとお願いするとアンプの接続までは用意してくれます。

    しかし、注意すべきはこの接続したときの設定です。理想は普段からスタジオで利用している慣れているアンプに直で接続をするようにしてください。

    稀にエフェクターを通してアンプへ接続するような楽器屋があります。そういった場合は要注意。

    弾きやすさをチェック

    アンプへ接続してもらったらまずは弾きやすさをチェックしましょう。その際、次の6点に注意してください。

    • ネックの握り
    • ネックのスケール
    • ブリッジに手をのせたときの具合
    • ボディを抱えた時のフィット感
    • ストラップで抱えたときのバランス感
    • ボリュームノブなどのコントロール類が邪魔しないか
    初めてのギターですので、ある程度の違和感は感じるはず。ほどほどに。

    自分のよく使う音色でチェック

    弾きやすさを確認できたら、次は音を確認してみましょう。まずは自分の出したい音が出せるかが重要な点です。

    あくまで音色を確かめるのが目的です。リードだけでなく、和音もちゃんとチェックしてください。

    幅広いポジションでチェック

    次は、決まったポジションだけでなく幅ひろいポジションでチェックしてください。6弦から1弦までちゃんとキレイになっているかも重要です。

    さまざまなポジションで和音をならしてみて、音に濁りがないかをチェックしましょう。

    自分のよくやるプレイでチェック

    最後に、自分のよくやるプレイがスムーズに行えるか確認しましょう。ここはその人のプレイ次第ですので、各々です。ただし、ステージではないのでほどほどに。

    プレイするのが目的ではなく、確認するのが目的です。

    それでは楽しいバンドライフを!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人