\ フォローしてね /

味が濃いミニトマトを作ろう!

甘くて味が濃いミニトマトを作りましょう♪

もちろん庭に植えても良いと思いますが、台風や豪雨などの際に移動できるプランターがオススメです。この記事ではプランターでのミニトマトの栽培方法をご紹介します。

用意するもの

  • トマトの苗(ホームセンター等でお好みの品種を見つけてください)
  • プランター(野菜用プランターがオススメです)
  • 野菜用培養土
  • 鉢底石、もしくは炭
  • 網(わたしは野菜ネット袋を使用しています)
  • 追肥用の肥料(トマト専用でなくても野菜専用ならOK)
  • 防虫剤(必要に応じてご用意ください)
植付け時期は4月下旬から5月上旬(関東地方)
ミニトマトは日光大好きです、半日程度の日当たりのある場所を確保してください!

STEP1

野菜ネット袋に鉢底石もしくは炭を入れ口をとじ、プランターの底に平らになるように敷いてください。野菜ネットを使わないときは、石の上に網を置けばOKです。

その上に野菜用培養土を入れ、苗を植えます。植えた直後に水をたっぷりあげ、根を定着させます。

水はけと根腐れ防止の為に石を敷きます。ネットに石を入れるのをオススメする理由は、次回に土を再利用する際に、土と鉢底石が混ざらないので便利だからです。

STEP2

ある程度育ってくると、わき芽が生えてくるので、全て指で芽かきして、1本仕立てにします。

わき芽が5cm以上に育っていれば指でポキッと取れます。

芽かきはミニトマトを傷つける事になるので、病気防止の為に、晴れている日の午前中にするようにしてください。
その際はさみは使わないでください、金属も病気の原因になることがあります。
芽かきした芽を土に植えておくと根付くので、そこからまた成長して、収穫までできますよ。

STEP3

第1花房がなったら、追肥しましょう。

肥料の種類に応じて、説明書に従い与えてください。

STEP4

苗が伸びてきたら支柱を立て誘引しましょう。株元から10cm以上離して根を傷つけないように注意してください。

苗と支柱を8の字でゆるく結びます。苗が伸びるごとに誘引してください。わたしは1m位の支柱を3箇所に立てその周りに茎をぐるぐる回しました。

花房が向いている方向が外側になるようにすると収穫するのが楽です。

水やりのコツ

水はやり過ぎないこと、そうすると甘く濃い味のミニトマトになります。

目安は土の表面が乾いたら、プランターから溢れるくらいに水やりします。

雨が降ったら、屋根のある場所にすぐに移動してください。せっかく上記の方法で育てていても、大量の雨を受ければ実が肥大してトマトがひび割れしてしまいます

収穫のコツ

花が咲いてから50日ぐらいで実が赤くなってきます。

果実類は収穫する時間帯によって味が変わるようです。

朝の涼しいうちに、真っ赤に熟した実を収穫するのがベスト!

おわりに

ミニトマトは生命力が強く、初心者でも簡単に育てられると思います。

うまく育てれば、プランターを買うのが追いつかないほどの苗ができるので、沢山の実を収穫できる魅力がありますよ。

市販のものより皮が若干厚く感じますが、自分で育てたものを頂くという感動を味わえます。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。