1. 料理
    2. 魚のすり身(白身魚)の保存方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    魚のすり身(白身魚)の保存方法

    すり身は、冷凍保存することで長期保存が可能です。一度に消費しきれない時にも、大量にお作りになった時にも、傷んでしまう前にサッと冷凍してしまいましょう。

    用意するもの

    • 魚のすり身(白身魚)
    • ラップ
    • フリーザーバッグ

    魚のすり身を冷凍保存する方法

    STEP1

    すり身を空気を抜くようにして、ラップに包みます。

    STEP2

    ラップに包んだすり身を、フリーザーバッグに入れて空気を抜いてチャックを閉めます。

    STEP3

    冷凍庫に入れ、冷凍保存します。

    保存期間は、約2~3週間です。

    冷蔵保存の場合

    チルド室に入れ、冷蔵保存します。チルド室が無い方は、冷蔵室10度以下で冷蔵保存します。

    保存期間は、約2~3日です。

    おわりに

    解凍の仕方は、冷蔵庫で自然解凍です。

    解凍後は、速やかに調理してお召し上がりください。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人