\ フォローしてね /

基本!玉ねぎのすりおろし方

玉ねぎはみじん切り、乱切りなど包丁で切って料理に使うことが多いですが、実はすりおろしても料理に使えるんです!

そこで、玉ねぎのすりおろしの方法をご紹介します。

用意するもの

  • 玉ねぎ
  • 包丁
  • すりおろし器

玉ねぎをすりおろす方法

STEP1:玉ねぎを半分に切る

玉ねぎを半分に切ります。

写真のように、丁度真ん中の部分に包丁を当てて切ります。

STEP2:玉ねぎを半分に切る

半分に切った玉ねぎを、また半分に切ります。

写真のように、丁度真ん中の部分に包丁を当てて切ります。
STEP1、STEP2とも芯を残すように切ります。理由は、芯を切ってしまうと、玉ねぎがバラバラになってしまうからです。'

STEP3:皮をむく

玉ねぎの茶色い部分の皮をむいていきます。むく方法は芯じゃない方(玉ねぎの先端の部分)から、茶色の皮をめくるだけです。

同時に、玉ねぎの先端にも茶色い部分があるのでその部分だけ切っておきます。

茶色の皮の部分は食べれないので捨てます。

STEP4:洗う

芯(根)の部分に泥がついていたら、芯を必ず残しすようにして、泥のついている部分だけ包丁で切り取ります。

その後、皮のむいた玉ねぎを軽く水で洗います。

STEP5:すりおろす

芯ではない玉ねぎの先端部分をすりおろし器につけて、写真のように直角ではなく、75度ぐらいの角度ですりおろしていきます。

すりおろし器に玉ねぎを押し付けるようにすりおろしていきます。押し付けたら、玉ねぎがバラバラにならないです。休まないで、一気にすりおろします。

STEP6:芯の付近までたどり着いたら、すりおろしをやめる

写真のように、芯(少し灰色っぽい部分)の付近まですりおろしたら終わりです。芯(少し灰色っぽい部分)は食べれないので捨てます。

もったいないですが、玉ねぎの食べられる部分を少しだけ残すようにしてすりおろしを終了します。理由は芯ギリギリまですりおろしてしまうと、間違って手をすりおろしてしまう経験が筆者にあるからです。

おわりに

玉ねぎの半分の半分(1/4個)分だけのすりおろしをご紹介しました。1/4個なら1個と比べると、長時間連続してすりおろさないので、疲れにくく、涙も出にくいです。

お勧めの調理法は、すりおろしと鶏もも肉を1時間浸してフライパンで焼くチキンソテーです。鶏もも肉がとても柔らかくなります。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。