\ フォローしてね /

古田敦也が教える!アウトステップのメリット・デメリット(動画あり)

野球にはいくつかのスイングのパターンがあります。それぞれのフォームの特性を知って、自分のものにしましょう。

今回は、アウトステップのメリットとデメリットについて説明します。

本記事は、古田敦也氏の監修を元に、2012年にnanapi編集部が作成したコンテンツです。

動画で学ぶ

アウトステップのメリット・デメリット

アウトステップとは、前の足をホームベースから一歩離すステップです。インパクトの瞬間にはオープンスタンスの位置に足が移動します。

上手く打つポイントは、全体重を後ろにかけながら打つことです。では、このアウトステップにはどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

アウトステップのメリット

アウトステップは、後ろに重心の軸があるので、インパクトのポイントを大きく後ろに移動することができます。

大きくポイントを下げることで、インステップ以上に長い時間ボールを見ていられるようになります。そのため、変化球などの球を見極める余裕ができます。

ポイントが後ろにさがるので、打つことができる前後の幅が広がります。対応しづらいインコースの球も前・後ろの2箇所で打つことができるのです。

アウトステップのデメリット

アウトステップでは、すべての体重を後ろの足に乗せます。そのため、体重を支えるために強い足腰が必要になります。

負担が大きい打法なので、足腰が強くない人にはあまりおすすめできません。

おわりに

アウトステップは、ボールを見られる時間が長いというメリットが大きい分、足腰に大きな負担がかかります。足腰は野球の命なので、体を壊さわないようにチャレンジしてみましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。