\ フォローしてね /

Tシャツを簡単に収納する3つのポイント

Tシャツって収納方法を間違うと、たった一枚取り出しただけなのに、全てがグチャグチャになってしまったりすることが多いお洋服ですよね。

ここではそんなTシャツを簡単に収納する3つのポイントをご紹介します。

Tシャツを簡単に収納する3つのポイント

ポイント1: 引き出しを使う

色々試した結果、著者がTシャツ収納に一番良いと感じたのが引き出し収納でした。なぜ引き出しかというと、もしも万が一、引き出しの中が乱れてしまっても、引き出しならばお部屋自体は汚くは見えないからです。

そして、出来れば奥行きが40センチ以内のクローゼット用がオススメです。あまり奥行きがありすぎると、引き出しの中が乱れやすくなるので、もし奥行きのある引き出しだった場合は、中に箱などを入れて使うと良いです。

ポイント2: 引き出しの幅・高さに合わせてTシャツを畳む

STEP1:引き出しの幅に合わせる

神経質になる必要はありませんが、引き出しの幅に合わせてTシャツを畳むとキレイに収納出来ます。著者の場合、分からなくならないように、だいたいTシャツの首くらいのところで畳むようにしています。このように、あらかじめだいたいこのくらいの大きさというのが分かっていると畳むのもラクです。

STEP2:3つ折りにする

さらにそれを3つ折に畳んで収納しています。この厚みになると相当薄手のTシャツでなければ立てても崩れません。

STEP3:完成

この大きさに畳むと、我が家の引き出しでは3枚横に並べることが出来ます。後はこの形のまま、引き出しに立てて収納すれば完了です。

ポイント3:最後の3つ折の際、柄が見えるように畳む事

引き出しに収納する際、同じような色のTシャツが何枚もあった場合、どの柄なのかが分かるように畳んでおくことが大切です。ほんの少し、柄が見えるだけで「あ、あのTシャツね」と分かります。それさえしておけば一度出してからまた戻すといった作業がなくなりますので、スッと取り出すことが出来ます。

おわりに

このTシャツ収納方法は、一度整えてしまえば割とキレイな状態が保てる収納方法だと思います。Tシャツ収納でお困りの方は是非一度、この方法をお試しになってみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。