1. 趣味
    2. 初めての富士登山に向けてオススメの準備方法

    初めての富士登山に向けてオススメの準備方法

    日本人なら一度は挑戦してみたい富士登山。

    今回は登山未経験者向けの富士登山準備方法をご紹介します。

    初めての富士登山に向けて準備開始!

    STEP1 登山計画を立てましょう

    前夜から日の出までの登頂を目指す0泊弾丸コースを強行する方も少なくはないですが、寝不足での登山は高山病を招きます。

    オススメは8合目の山小屋で一泊するコースです。山小屋の宿泊予約は毎年5月頃から開始する宿がほとんどなので早めに予約をしましょう。

    登山ルートは、吉田ルート・須走ルート・御殿場ルート・富士宮ルートの4つがありますが、初心者には山小屋が多くて救護設備もある「吉田ルート」がオススメです。また、富士宮ルートから宝永火口を経由して御殿場ルートから登頂するプリンスルートもオススメです。

    STEP2 必需品を揃えましょう

    トレッキングシューズ・軽登山靴

    下山時は砂利や砂が入り易いのでハイカット推奨。

    リュックサック

    20~30Lで肩紐の幅が広いクッション付きの物を選びましょう。腰でも固定出来る紐がついていると負担が軽減します。

    Tシャツと長袖のシャツ

    汗の蒸発し易い化繊の物を選びましょう。長袖のシャツは羽織れるボタン付きの物を。

    登山用ズボン

    予算の都合で登山用を揃えるのが難しい場合には透湿性の高いストレッチ素材の物を。

    ハイソックス

    フリース

    9合目付近で必要になります。

    レインウェア

    必ずセパレートタイプの物を。ポンチョやワンピースは風が吹くと下から雨が吹き付けてビショ濡れになります。ゴアテックス性の物がオススメ。

    100円均一使い捨てはダメ、岩で破けます

    懐中電灯

    ヘッドセットタイプの物がオススメ

    手袋

    岩を掴みながら登る箇所もあるので厚手の物を。予算が厳しい方は軍手2組で代用しましょう。

    スポーツドリンク 500ml×4本

    甘いのが苦手な方はミネラルが摂れる麦茶を。小分けに持てる500mlボトルがオススメ。

    100円玉数枚

    山小屋のトイレは1回200円です。

    携帯電話

    緊急時用に。ほとんどの場所で電波が入ります。必要時以外は電源を切っておきましょう。

    STEP3 あると便利な物を揃えましょう

    お菓子

    高地では甘い食べ物があるとエネルギー補給が出来、スタミナ切れを防げます。私の場合はカントリーマァムに救われました。

    スパッツ

    8合目以降の防寒用に。寒がりの方は必需品。

    替えのTシャツ×1、ハイソックス×2

    靴下を履き替えるだけでかなり足が楽になります。

    ウェットティッシュ

    手洗いの代わりに使用します。

    アミノ酸飲料

    登頂後30分以内に飲めば筋肉痛が軽減します。

    登山用ステッキ

    特に下山時に活躍します。体力に自信がない方は2本購入しましょう。

    耳栓

    山小屋で大活躍します。

    カメラ

    言うに及ばずですが、記念撮影に必須です。

    STEP4 靴慣らしと登山練習

    いきなり富士登山をするのは危険です。

    靴と体を慣らす為にも事前に平地で1ヶ月程靴慣らしをした後、低い山にチャレンジしましょう。

    都内近郊にお住まいの方は、高尾山やその先の陣馬山アタックがオススメです。その際に全装備を担いで富士登山のイメージトレーニングをしてみてください。

    STEP5 出発は焦らずに

    スタート地点の五合目に着いたら、高度に体を慣らす為に1時間ほど休憩を取りましょう。

    スグに出発すると高山病を発症し易くなってしまいます。

    おわりに

    登山は準備8割行動2割と言われている通り、事前の準備がアタックの成否を決めます。

    思わぬ事故や高山病を防ぐ為にも入念な用具の準備や調査を怠らずに楽しい富士登山を楽しんで下さい!

    Photo by 著者

    このライフレシピを書いた人