\ フォローしてね /

ナムルやお浸しに!無水鍋でできる小松菜の下ごしらえの仕方

はじめに

栄養豊富な葉野菜、小松菜。ほうれん草よりも多く鉄分を含み、あく抜きも不要で手軽に使えます。無水鍋(ビタクラフト)を使えば、ゆがくための水を沸かす手間もなく、節ガス・節水にもなります。さらに栄養分が水に溶け出すことなく使える利点もあります。無水鍋をお持ちの方には是非試して頂きたい調理法を紹介します。

小松菜を無水鍋で簡単調理する方法

STEP1

流水で洗い、根っこから1.5cmほど切り落とします。

根っこに近い部分に土が残りやすいので、切った後にもう一度根の近くだけ流しておくとよいでしょう。

STEP2

長さ3~4cmに切ります。

葉の部分は縦にも切っておくと食べやすくなります。

STEP3

無水鍋の底に茎の部分から入れ、残りの葉を乗せます。洗った時の水分を利用するので、水をふき取る必要はありません。逆に切ったあと乾燥してしまった場合は50ccほど水を加えます。

STEP4

ふたをしてから火をつけ、ふたの隙間から蒸気が出てくるまで強火で加熱します。底でちりちり音がし始める頃が目安です。蒸気が出始めたら弱火にし、そのまま1~2分加熱します。

蒸気が逃げないよう、ふたは開けないようにします。

STEP5

1~2分後に蓋を開け、緑色が濃くなっていたら完成です。写真のように少し加熱が足りないかな?と思われる時は菜箸で軽くかき混ぜ、ふたをして1分ほど加熱し火を止めます。

STEP6

あく抜きは不要なので、冷水に取る必要はありません。ざるに空けてそのまま冷まします。

STEP7

粗熱が取れたらぎゅっと絞って水気を切ります。

さらに絞った塊を1.5cmほど縦横に切っておくと、和え物などにしたとき食べやすいです。

おわりに

炒め物に使う場合は切っただけですぐ使える小松菜。お浸しやナムルにする時は是非この方法をお試しください。

こちらは小松菜でも美味しいレシピです。→ 簡単♪ほうれん草のナムル

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。