1. 料理
    2. 残ったさんまの缶詰消費!さんまの卵焼きの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    残ったさんまの缶詰消費!さんまの卵焼きの作り方

    缶詰を開けたけれど、残ってしまった!なんてことはありませんか?

    その悩みを解消できる「さんまの卵焼きの作り方」を紹介します。卵1個で出来ますよ!

    材料 (1人分)

    • 〔A〕卵・・・1個
    • 〔A〕酒・・・大さじ1/2
    • 〔A〕砂糖・・・小さじ1/2
    • 〔A〕塩・・・1つまみ
    • 味付けさんまの缶詰・・・1/2缶
    • サラダ油・・・少々

    さんまの(缶詰)卵焼きの作り方

    STEP1:缶詰をあける

    缶詰をあけ、身を2つほど取り出します。

    缶詰なので、骨は柔らかいですが、気になるような大きい骨はとりましょう

    STEP2:卵を溶く

    ボウルに〔A〕の材料を入れ、丁寧に混ぜます。

    白身の固まりがなくなるように、切るように混ぜましょう。

    STEP3:卵を焼く

    フライパンに油をひき、STEP2の卵を流し込んで中火にし、2~3回箸でかきまぜます。

    STEP4:さんまを乗せる

    STEP3の卵が少し固まったら弱火にし、端の方にSTEP1のさんまをのせます。

    STEP5:さんまを包む

    さんまを乗せた上の部分を、フライ返しや箸で折りたたみ、次に両サイドをとじます。

    STEP6:巻きあげる

    STEP5を破けないように、端から巻き、火を止めて余熱で焼きあげます。

    STEP7:完成!

    STEP6の粗熱が取れたら、食べやすいサイズに切って完成です。

    お弁当のおかずにも使えます。

    おわりに

    甘辛いさんまの缶詰なので、う巻き?と思わせるほど、卵との相性はいいです。

    魚が苦手なお子さんでも美味しく召し上がれると思います。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人