1. コミュニケーション
    2. エレベーターでのビジネスマナー

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    エレベーターでのビジネスマナー

    社内には社員をはじめ、来客など多くの人がいます。エレベーターは特に外部の人と接する機会が多い場所でもあります。会社に出入りする人たちは、その会社を見ないようでよくみています。

    ここでは、その基本的なマナーを紹介します。

    エレベーターに乗るときのマナー

    STEP1

    扉が開く前に少し脇へ寄って待ちます。

    STEP2

    扉が開いたら、降りる人がいないか確認しましょう。

    自分以外に待っている人がいれば「どうぞ」とひと声かけて扉を押さえるかボタンを押しながら、先を譲ります。

    エレベーターの中に先に乗っている人がいれば軽く会釈をしましょう。

    エレベーターの中でのマナー

    ポイント1:エレベーター内での振る舞い

    壁に寄りかからず扉を正面に立ちます。上司や同僚など知っている人がいれば挨拶をしましょう。

    ポイント2:ボタン操作

    扉操作はすすんでしましょう。上司がボタン操作をしている場合は、

    「私が代わります」

    とひと言声をかけることができたら素敵です。

    ポイント3:NG項目

    • メール、持っている書類等を見るのは控えましょう
    • 過度な私語はしないようにしましょう

    エレベーターから降りる時のマナー

    前に人が立っていれば、

    「失礼します」

    とひと言声をかけましょう。

    乗り合わせた人よりも先に降りる場合は軽く会釈をしましょう。

    奥の方の人が降りる場合に自分が前に立っているときは、一旦エレベーターの外に出て間を空けてあげましょう。

    おわりに

    社員ひとりひとりがエレベーターでのマナーに気を配りたいものですね。

    (image by足成)

    このライフレシピを書いた人