\ フォローしてね /

生でも茹でても!料理シーン別春菊の切り方

春菊は作る料理によって下ごしらえの方法も変わります。上手に使い分けして、美味しく頂きましょう。

用意するもの

  • 春菊 必要な量
  • 塩 適量
  • 水 適量
  • 包丁
  • まな板

春菊の切り方

STEP1

根元には泥がついていることがあります。根元を広げて、流水でよく洗い、泥を落とします。

葉はボールなどにためた水に浸し、水の中で丁寧に洗いましょう。

春菊は、葉の裏に土や虫がついていることが多く、他の葉もの野菜のように、水の中でふり洗いするだけでは、汚れが落としにくい野菜です。

STEP2

茎をそろえて、根元を切り落とします。必要な長さに切っていきます。

春菊を茹でてから切る方法

STEP1

根元には泥がついていることがあります。根元を広げて、流水でよく洗い、泥を落とします。

葉は水をためた水に浸し、水の中で丁寧に洗いましょう。

春菊は、葉の裏に土や虫がついていることが多く、他の葉もの野菜のように、水の中でふり洗いするだけでは、汚れが落としにくい野菜です。

STEP2

鍋にお湯を沸かし、塩を加えます。

あらかじめ春菊の茎をそろえて、根元を切り落としておきます。

茎の部分は太いので、茎と葉を時間差で茹でます。

茎をそろえて、葉の部分を手で持ったまま、茎からゆでます。茎を沸騰した湯に20秒くらい浸していると、茎が柔らかくなり、しなってきます。さらに茎を深く湯に浸し、20~30秒茹でたら、春菊全体を鍋に落とし入れ、さらに20~30秒茹でます。

最初に茎をゆで始めてから、1分~1分20秒程度で全体が茹で上がります。

全体を鍋に落としたら、茹でる途中で春菊の上下をひっくり返し、茹でムラのないようにしましょう。

STEP3

茹で上がった春菊を冷水に浸します。

水気を軽く絞って、必要な幅に切ります。料理に使う前に、手で絞ってから使いましょう。

おわりに

てんぷらやサラダ、鍋には生のまま切ったものを、お浸しやゴマ和えなどは茹でてから切ったもの使うなど、使い分けて美味しく頂きましょう。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。