\ フォローしてね /

玉ねぎのくし切りのやり方

料理のレシピを見ていると様々な切り方が出てきますね。基本的な切り方を覚えておくと悩まずにすみます。使う頻度の高いくし切りは名前の通り、髪をとかす櫛の形が由来の切り方。今回は「玉ねぎのくし切りのやり方」を例にとって紹介します。

用意するもの

  • 包丁
  • まな板
  • 玉ねぎ1/2個

「玉ねぎのくし切り」のやり方

STEP1

玉ねぎ半分の皮をむき、根元や茎の茶色い部分は取り除きます。

STEP2

まず縦半分に切ります。全体で言うと玉ねぎを4つに切ったことになります。

STEP3

次に縦に放射線状に切ります。端は包丁を少し寝かせて切ってください。料理に合わせて、3つや4つに切り分けるのが一般的です。もっと幅を狭くすると細切りのようになりますね。

完成!

これで玉ねぎのくし切りが完成です。爪楊枝で固定させ、天ぷらやフライなどにもできますね。

おわりに

くし切りにした玉ねぎは炒めものを始め、煮込み料理や揚げ物など広く使えます。玉ねぎ以外にトマトや果物のように丸い形をしたものはくし切りができますね。簡単なので覚えておくと便利ですよ。是非やってみて下さい。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。