\ フォローしてね /

残ってしまったコロッケを冷凍保存する方法

コロッケをよく作ることがあるのですが、いっぱい作りすぎて食べきれないことってありませんか?食べきれない時には我が家では冷凍保存をしています。

そこで、我が家でしているコロッケの冷凍保存の方法をご紹介します。

用意するもの

  • コロッケ
  • クッキングペーパー
  • ストロー
  • ジップロック

コロッケの冷凍保存の方法

STEP1:クッキングペーパーで油を取る

クッキングペーパーでコロッケを軽く手でつぶれないように包み、油を取ります。

ジップロックが油で汚れると油汚れがとりにくいので、油を少しだけでもクッキングペーパーでとっておきます。軽くクッキングペーパーが汚れるぐらいで大丈夫です。

STEP2:ジップロックにコロッケを入れる

ジップロックの中にコロッケを入れます。

コロッケ同士がくっついて解凍時に衣がはがれてしまうので、隣どうしの隙間をあけておきます

STEP3:ストローで吸う

ストローをジップロックの中に入れてチャックを閉め、空気が入らないように注意します。

ストローを吸い、ジップロックの中の空気をなくしていきます。空気がなくなったらストローを抜き、チャックを閉めて冷凍します。

密封することによって、霜がつきにくくなります。

解凍の仕方

筆者の解凍の仕方が2つあるのでご紹介します。

  • トースターで焼く:両面が焦げない程度に焼きます。衣がカリカリして美味しいです。

  • レンジでチンする:お皿の上にコロッケを置き、レンジでチンします。衣がしなっとなりますが、コロッケの中身がやわらかくなりとても美味しくなります。

自然解凍は「べちゃっ」となって美味しくなくなるのでお勧めしません。

おわりに

今回はまるごと1個のコロッケの冷凍の仕方をご紹介しましたが、食べかけのコロッケの場合、食べかけ部分だけ包丁で切り、残りは空気が入らないようにサランラップをして冷凍します。

食べかけのコロッケをそのままジップロックに入れて冷凍したら、衣のない中身の部分が乾燥して美味しくなかったからです。サランラップに包んで冷凍したら美味しく食べれた経験があります。

冷凍して1ヵ月以内に食べることをお勧めします。

コロッケを揚げるのは大変なので、事前にたくさんコロッケを揚げて冷凍保存をしておくと忙しい時に便利です。

(Photo by ~筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。