\ フォローしてね /

離乳食期でも食べられる!優しいスイートポテトの作り方

秋になると、店頭にたくさんのサツマイモが並びますよね。筆者も、値段もお安いし、美味しいスイートポテトや大学芋を作ってみたくなります。

小さなお子さんがいらっしゃるご家庭であれば、お子さんにも食べてほしいなんて思いませんか?甘くておいしいサツマイモを10ヶ月の娘にも食べさせたいと思って、離食期でも食べられるスイートポテトを作りました。

ここでは、離食期のお子さんでも食べられる、優しくて美味しいスイートポテトの作り方をご紹介します。

材料 (6カップ分)

  • サツマイモ・・・約200グラム
  • 牛乳・・・150cc
  • 卵・・・1個
  • 砂糖・・・20グラム

スイートポテトの作り方

STEP1:サツマイモの皮をむく

サツマイモの皮をむき、熱が通りやすいように、小さくカットします。

STEP2: サツマイモを電子レンジで温める。

サツマイモを耐熱容器に入れ、ラップをかけてやわらかくなるまで、電子レンジで温めます。

500Wで5分程、まだ固ければさらに加熱してください。

STEP3: サツマイモをつぶす。

サツマイモを麺棒でしっかりつぶします。

STEP4: 牛乳・卵・砂糖を入れて混ぜる。

牛乳・卵・砂糖を入れてよく混ぜ込みます。

STEP5: カップに入れて焼く

カップに入れて、オーブントースターで生地が固まるまで焼きます。(10~15分程)

STEP6: 完成!

子どもに食べさせるときは、少し冷ましましょう。もちろん、出来立てでもおいしいです。

おわりに

今回は、離乳食期でも食べられるように牛乳を多めに使い、しっとり仕上がるように作りました。バターや生クリームは使わず、砂糖も少なめにしてますので、カロリーも抑えられています。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。