\ フォローしてね /

超基本!今日から使えるビジネスシーンの挨拶10選

オフィスでよく使うフレーズを、使っているシチュエーションや、使い方と共にまとめました。

オフィスでよく使う挨拶・フレーズ10

1:ありがとうございます

自分の仕事を手伝ってもらったとき、お客様にお褒めをいただいたときなど、様々な場面で使われます。

筆者は、自分のミスに対して、上司や周囲に謝罪をする際にも、「申し訳ございません」と共に自分をフォローしてくれたことや指摘していただいたことに「助かりました」の意を込めて「ありがとうございました」と伝えています。

2:左様でございますか

「左様でございますか」と相槌をうちながら、相手の話を聞きます。仕事とは、相手がいて初めて成り立つもの。ゆえに、相手の話を聞く姿勢はとても大切です。

電話応対の際にも、相手の話を一通り聞いたら、「さようでございますか、では…」と、話をまとめる際の合図にも使うことが出来ます。

3:お世話になっております

電話で相手が名乗ったあとや、ビジネスメールの書き出し、ファックス送信書の書き出しに使うことが出来ます。

4:いかがいたしましょうか

相手の意見を聞きたい場合によく使います。抽象的な質問、例えば「今度のプレゼンはどのようにしますか?」は、忙しい上司や先輩には嫌われます。

上司や先輩に質問があるときには質問を絞り、「今度のプレゼンは、○○と○○について不安があるのですが、いかがいたしましょうか。」と相手を促し答えやすいように聞きましょう。

5:恐れ入りますが、

相手にお願いがある場合、この言葉で始めます。

「~をお願いします。」という言葉だけですと、受け手にとっては冷たく感じることもあります。この言葉を付けて、やわらかくお願いをすると感じが良いです。

6:恐縮です

お褒めをいただいたときに、「とんでもございません!」と言われてしまったら、言った方も「何かすみませんでした。」となりかねません。

お褒めは、「ありがとうございます。恐縮です。」と感謝を述べつつ、お褒めをもらうなんてまだまだ恐れ多いです、と謙遜すると感じが良いです。

ちなみに新入社員当時、筆者が一番使った言葉です。

7:お願い申し上げます

主にファックスやメールで、相手に「お願い」の念を押す時に用います。

ファックスで、「○○の件にき、下記書類をお送りいたしますので、ご査収のほどよろしくお願い申し上げます」、「ご確認をよろしくお願い申し上げます」等々、よく使います。

8:承知いたしました

上司や、取引先、上司から伝言を賜ったり、何か言付かった際や了承した旨伝える際に使います。

9:お待たせいたしました

実際にはそこまでお待たせしていなくとも、相手が少しでも待つような状況があれば、使うようにしています。

電話でも3コール以上あった後に出た電話であれば、この言葉を使うようにしています。「大変お待たせいたしました。○○株式会社でございます」といった形です。

10:こんにちは

挨拶の基本中の基本です。

気持ちよく仕事をするためには、社内の人はもちろん、社外の人でも、違う部署の人でも、清掃の業者の人でも、その職場のあるビルや建物で働く人にはせめて笑顔で挨拶をしましょう。

仕事と関係のないところでも、良い関係を築けると何か救われることもあるかもしれませんよ。

おわりに

新入社員や、初めてバイトをする人は特に最初、お客様や、上司への言葉づかいが難しく感じると思います。

しかし、言葉遣いは実際に使ってみないとなかなか慣れないものですから、まずは意識しながら使ってみてくださいね。

仕事の場面では、言葉の選び方によって、周囲からのサポートは変わってきます。

上記の言葉を使って、感じよく、気持ちよく仕事をしましょう。

言えば何でも許される、ただ何度も言えばいい、と安直に考えず、あくまで、気持ちを込めて、状況によって柔軟に言葉を選ぶことが必要です!!

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。