\ フォローしてね /

煮干しの保存方法

みそ汁や煮物のだしなどに気軽に使える「煮干し」の保存方法をご紹介します。

必要な材料と環境

  • 密閉容器(耐熱でなくて良い) タッパー、ジップロック袋など

煮干しの保存方法

STEP1 煮干しの頭を取ります

煮干しの頭を取ります。あらかじめ下処理をしておくと、料理に取りかかるとき、すぐに使えて便利です。

取った頭は、食塩を含むのでネコにあげてはいけません。捨ててください。

STEP2 煮干しを密閉容器に保存します

煮干しを密閉容器に入れ、乾いた冷暗所で保存します。

湿気の多い場所や日光の当たるところには保管しないでください。

保管可能な日数

常温で、2~3週間程度保管可能。なるべくはやめに使い切ってください。

煮干しの使い道

煮干しだしは、みそ汁・煮物(かぼちゃ・芋類など)に幅広く使えます。ラーメンのだしも煮干しで取ったのものがありますね。

にぼしを常備して、気軽に使ってみてください!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。