1. 料理
    2. 製パン道具「スケッパー」の使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    製パン道具「スケッパー」の使い方

    スケッパーはパン生地を分割するときに使う道具です。

    パン生地の分割は包丁などでも可能ですが、スケッパーを使うことで楽にパン生地を分割することが出来ます。

    スケッパーのタイプ

    上記の写真にあるように、持ち手のところが握れるように穴があいているタイプとあいていないタイプがあります。

    使う方の好みなのですが、私は穴の開いていないほうが、力が入れやすく使いやす感じます。

    大きさは、幅が12㎝くらいのものがお勧めです。

    スケッパーの素材はステンレスかブリキで、ステンレスのスケッパーはブリキに比べ多少重さがあります。

    スケッパーはこんな時に使います

    パン生地を作りたい大きさに分割するときに使います。

    他にパン生地を手ごねする時に、広がった材料を集めたりと何かと重宝する道具のひとつです。

    おわりに

    スケッパーはどうしてもないとパンが作れないわけではありませんが、あると便利な道具です。パン生地を分割するときは包丁でも出来ますが、包丁の切れ味が悪くなったりしますので、注意して注意してくださいね。

    100均などでも購入できるので、パン作りをされる方はひとつご用意されるといいかと思います。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人