\ フォローしてね /

キッズ向け!クリスマスパーティで盛り上がる5つのゲーム

息子が小さい頃、クリスマスパーティにお友達をたくさん呼んだことがあります。その時に盛り上がった子供向けゲームを5つ紹介していきたいと思います。

フルーツバスケット

ルール

それぞれにフルーツの名前を割り当てます。りんご、みかん、バナナとか。そして、鬼役の子がフルーツの名前を叫ぶと、そのフルーツの子たちは席を交換します。その時、鬼があいた席に素早く座ります。座れなかった子が次の鬼となります。

必要なもの

椅子を人数より一つだけ減らして用意します。椅子がなければ、クッションや座布団でも代用できると思います。

幼稚園ぐらいの子供の場合は、クッションや座布団にした方が安全です。興奮すると、椅子から押して落としたりする可能性があるためです。

だるまさんがころんだ

ルール

鬼の子が皆に背をむけて立ちます。鬼以外の子は鬼から3メートルぐらい離れて横一列に並びます。鬼が「だるまさんがころんだ」と云っている間は移動できますが、鬼が云いおわってふり返ったら、動いてはいけません。その時、動いた子は鬼につかまります。鬼まで近づいて、タッチをすることが出来たら勝ちです。

必要なもの

縦長の部屋が必要になると思います。リビングなどでする場合は邪魔になるソファや椅子などは、脇にのけておきましょう。

新聞ゲーム

ルール

新聞を広げ、その上に一人ずつ立ちます。クイズを云って、それに正解するとそのまま、不正解だと二つに折ってまた立ちます。不正解が続くと、どんどん新聞が小さくなっていくので、立てなくなります。最後まで立っていた子が勝ちです。

これはクイズを親が云ってあげた方がいいです。皆、参加したがるためです。クイズはクリスマスにちなんだものを選ぶと、盛り上がります。

必要なもの

新聞紙です。やぶれたて泣いたりする子もでてきますので、かわりに別の新聞紙を渡せるよう、用意しておきましょう。

マルバツゲーム

ルール

部屋の真ん中に紐などを置いて、二つに区切ります。一方に、マルの絵を置き、一方に、バツの絵を置きます。クイズを出して、それぞれ、マルかバツに移動してもらいます。一度間違えたら、退場です。最後まで残った子がチャンピオンです。

これもクイズは親が云ってあげましょう。チャンピオンの子には、何か賞品などをあげると、とても喜ばれます。賞品は、折り紙などでつくったメダルなどもいいと思います。

用意するもの

紐と、マルバツを書いた紙です。紐はひっかけないよう、気をつけましょう。

宝探しゲーム

ルール

あらかじめ用意した小さな玩具やお菓子などを、家のあちこちに人数分以上隠しておきます。用意ドンで、一斉に子供たちが探し始めます。見つけることが出来たら、成功です。

見つけるのが難しいようでしたら、こっそりヒントを云ってあげましょう。

用意するもの

クリスマスなので、クリスマスにちなんだグッズを玩具を用意する方がいいと思います。小さなサンタの人形とか、星形のクッキーなども素敵です。

おわりに

紹介したゲームはどれも、それほどお金をかけずに出来ると思います。子供むけですが、大人がやっても楽しいはずです。息子もお友達も楽しく過ごしていました。この記事が、素敵なクリスマスパーティのために、少しでもお役にたてたら幸いです。

(photo by足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。