1. コミュニケーション
    2. 絶対に覚えておきたいクロアチア語

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    絶対に覚えておきたいクロアチア語

    クロアチアは今ヨーロッパでも注目されている観光地です。

    地中海の美しいリゾートから、バルカン半島の山並みまで、小さな国土の中にぎゅっと魅力が詰まっています。

    そんなクロアチア旅行に行く際に、知っておきたいクロアチア語を幾つか紹介します。

    あいさつ編

    Dobar dan(ドバル ダン):こんにちは

    いちばん重要なあいさつですね。お店に入った時などに、気兼ねなく言ってみましょう。

    Hvala(フヴァラ):ありがとう

    これもとても重要です。何かをしてもらった時や、買い物をしたあとなんかにでも言ってみましょう。

    Molim(モリム):すみません/お願いします

    何かを頼む前や後につける言葉です。なれない旅先では物を尋ねることが多いので、使ってみましょう。

    Oprostite(オプロスティテ):ごめんなさい

    何か間違ったことをしてしまった時には、素直に謝りましょう。

    生存に必要なクロアチア語

    muškarac(ムシュカラツ)/žena(ジェナ):男性/女性

    これは重要です!トイレの標識が常に英語やピクトガイドで書かれているとは限りません!

    トイレに駆け込んだ時にどちらに入ればいいのか迷わないように、頭文字だけでも覚えておきましょう!

    izlaz(イズラズ):出口

    旅先で災害にあわないとも限らないので、非常口の位置は確認しておきましょう。

    博物館など、建物の中で迷った時でもこの標識を目指していけば外に出られます。

    pomoć!(ポモチ!):助けて!

    クロアチアは基本的に治安はとてもいいですが、首都のザグレブの一部などでは残念ながら犯罪もあるようです。

    ためらわずに大声を出して周囲に助けを求めましょう。

    おわりに

    旅先ではなによりあいさつが一番重要です。

    クロアチア語が全然わからなくても、クロアチア語であいさつさえ出来ればそのあとはなんとなくコミュニケーションができてしまいます。

    ここにある言葉を覚えてから行くと、クロアチア旅行がより楽しめると思いますよ。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人