1. 料理
    2. 節約!エノキタケの切り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    節約!エノキタケの切り方

    レシピを見ているとエノキタケの石づきってどこまで切ればいいの?と思うかもしれません。今回はより廃棄率を減らしたエノキダケの切り方を紹介します。

    用意するもの

    • エノキタケ 1袋
    • 包丁 
    • まな板
    • フリーザーバック(保存する場合) 大1枚

    切り方

    STEP1:石づきを切る

    エノキタケの根元の茶色部分の上1cmのところで切り落とします。

    キノコは水洗いするとうま味が落ちるので、もし汚れが気になるときは乾いた布巾で拭いてください。

    STEP2:好みの大きさに等分する

    使用する料理によって長さは変えてください。今回は多くの料理で使う3cmの長さに3等分しました。

    STEP3:手で裂く

    3等分したうちの根元に近い部分(画像でいうと一番右の部分)は、まだエノキダケ同士がくっついている状態なので、手で裂いていきます。

    完成!

    冷凍する場合

    フリーザーバックに入れ、平らにして冷凍すると使うときに好きな量だけ取り出せて便利です。

    冷凍したエノキダケを調理するときは、凍ったまま炒めたり煮たりしてください。

    おわりに

    エノキダケの切り方、わかりましたでしょうか。料理屋さんでは、見た目や食感をよくするためにエノキダケの1/3ほど切り落として使っているようです。しかしながら、家庭ではこのような切り方で十分だと思います。参考にしてみてください。

    (Photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人