\ フォローしてね /

意外とムダが多い場所…トイレの節電・節水方法

我が家の水道代を見直す際、一般家庭での1日に使う水の割合を調べたら、ある資料ではトイレが1番になっていました。普段何げなく使っているトイレですが、意外と水道代がかかっていることがわかり、節約を心がけるようになりました。ここでは、筆者が自宅で行っている節約術をご紹介します。

トイレの節水方法

大・小はしっかり使い分ける

トイレの水を流す際は、場合によってレバーの大と小を使い分けます。メーカーの違いや旧式、新式でも異なりますが、だいたい大が10リットル前後、小が5リットル前後の水を使っています。

毎日何回も使うトイレですので、積み重ねれば大きな違いが出てきます。新式のトイレほど節水率の高いものが多いです。

手洗いにタンクの水を利用する

トイレのタンク部分で手洗いも兼ねています。

トイレの節電方法

ウォシュレットの電源は使う時だけ

ウォシュレットや便座保温の電源は、使うときだけ電源を入れています。しかし、便座は電源を入れてもすぐには温まらないので、冬の寒い時期は便座シートを貼っています。また、電気と同じように、換気扇も必要以上につけっ放しにしないようにしています。

トイレ用品の節約方法

トイレ用品は特売をねらって購入

トイレ用洗剤やトイレットペーパーは、特売の時にまとめ買いをしておきます。トイレットペーパーは毎日使うものですし、定期的にまとめ買いしておけば切らす心配もありません。

おわりに

節約の結果が光熱費の料金に顕著にあらわれるものではありませんが、今の料金が維持できているのは、節約の効果だと信じています。

トイレの節約術はいくつもありますが、ご自宅のトイレによっては出来ないものもあります。ご自宅のトイレでできる最大限の節約術を取り入れていきましょう。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。