1. コミュニケーション
    2. あなたは知っていますか!?名刺交換のマナー

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    あなたは知っていますか!?名刺交換のマナー

    名刺交換は、ビジネスにおいて基本となるものです。あなたはちゃんとおさえられていますか?名刺交換のマナーがなっていないと、自分はもちろんのこと、自分の会社や上司が恥をかくという事態になりかねません。

    自信があるあなたも自信がないというあなたも、今回はそんなビジネスマナーをチェックしていきましょう。

    あなたは知っていますか!?名刺交換のマナー

    1:無言で渡さないように

    名刺交換の際、お相手に無言で渡していませんか?簡単な挨拶と、自己紹介をつけた上で、お渡ししましょう。

    挨拶・自己紹介の例

    • 知っている方の場合:「いつもお世話になっております。~株式会社~部の鈴木と申します。今後ともよろしくお願い致します。」
    • まったく初めての方の場合:「お世話になります。~株式会社~部の鈴木と申します。どうぞよろしくお願い致します。」
    会社名は略称ではなく、正式名称で挨拶するようにしましょう。

    2:名刺は必ず名刺入れに保管する

    自分の名刺の保管場所はありますか?

    名刺を手帳やお財布、スーツの上着内ポケットに入れている方がいますが、直ちにやめましょう。曲がってしまったり、汚れてしまう可能性が高くなります。

    また、交換の際に名刺入れでは無いところから取り出すのは、マナー違反にも当たります。

    3:名刺は相手側に向ける

    名刺を渡す時は、相手側に向けるよう、くるっとひっくり返すようにして渡しましょう。相手側への気遣いとなります。

    4:目上の方から順番に交換する

    複数の方がいる場合、交換にも順番があります。交換の順番は目上の方が先です。下の立場の者が先に交換を始めてしまうと、失礼に当たります。

    順番は、年齢ではなく、役職の高さで決まります。

    5:頂いた名刺はすぐにしまわないようにする

    頂いた名刺をすぐにしまっていませんか?

    頂いた名刺はテーブルの上に自分の向きになるようにして置いておきましょう。会議が終わった際に、はじめて片付けます。

    複数人の方から名刺を頂いた場合は、相手の座席順に名刺を並べておけば、お相手の名前や役職がすぐに確認できるため、大変便利です。

    テーブルの上に出した名刺を、ペンやコーヒーなどの飲み物で汚さないように気をつけましょう。大変失礼に当たります。

    おわりに

    ビジネスの基本である名刺交換のマナー、チェックできましたか?今日から早速実践して、できるビジネスマンになってくださいね。応援しています!

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人