\ フォローしてね /

すぐに知りたい!会社都合退職した場合の失業保険料の計算方法

仕事を辞める時に一番困るのが金銭問題ですよね。失業保険がいくらもらえるのかは必ず知っておきたいもの。本記事は会社都合で退職した場合の失業保険料の計算の方法をご紹介します。

計算前に確認すること

  • 離職直前の過去半年間の給与がわかるもの(給与明細もしくは離職票)
  • 自身の年齢
  • 勤務年数

失業保険の計算方法

失業保険とは1日当たりの給付金額×給付日数=支給額で算出されます。

以下の順番に沿って算出してください。

1. 離職直前の半年の賃金合計(ボーナスを除く)÷180=賃金日額
2. 賃金日額×50%〜80%=1日当たりの給付金額
3. 1日当たりの給付金額×給付日数=支給額

ただし支給額には年齢により上限額が設定されていたり、給付日数が勤務年数によって変わりますので、思った以上に自分で計算する事が面倒です。

ハローワークや、失業保険を自動計算してくれるサイトもありますのでそちらを利用すると簡単に計算できます。

ハローワークの利用方法

最寄りのハローワークの雇用保険窓口にて、大まかな給付額を知りたいと相談しましょう。その際、離職直前の過去半年間の給与がわかるもの(給与明細もしくは離職票)を持っていくことを忘れないでくださいね。

また、その際に給付額だけでなく、失業後の流れまで説明を聞いておくと二度手間になる事はありません。分からない事は思い切って質問しましょう!

失業保険の自動計算サイトの利用方法

「失業保険 計算 もらい方」などのキーワードで検索すると下記のようなサイトがいくつか出てきます

上記のサイトの計算ページにて必要事項(賃金、年齢、勤続年数)を記入選択をし「給付額を計算」ボタンを押すと下画像のように日額手当、月額手当、給付日数、手当総額が自動算出されます。

会社都合とは?

会社都合退社の場合、ひと月あたりにもらえる失業保険の金額は変わりませんが、自己都合退社に比べて給付制限3ヶ月がなく、ハローワークに離職票提出と求職の申し込みを行った受給資格決定日から7日後に失業保険が給付されます。(実際の振込はそこから1週間ほど猶予をみます。)

おわりに

筆者は失業保険支給額を大まかに自分で計算し、会社都合退職した事がありますが、支給時期を勘違いして苦い経験をしたことがあります。個人によって条件も違いますので、大まかに計算した後はすぐにハローワークに行って相談することをお勧めします!

(Photo by 足成
(キャプチャ by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。