\ フォローしてね /

みんなが認めた!本格派ローストビーフの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

お祝いやみんなが集まる席にあると華やぐ料理の1つに、ローストビーフがあります。

レンジで簡単に作れる手軽なレシピもありますが、筆者がお勧めするのは手間はかかるけど、とってもおいしい本格派のローストビーフです。

たまには、料理の工程も作る時間も楽しみながら、じっくり作ってみるのはいかがでしょうか?

材料(4人分)

ローストビーフ

  • 牛肉の塊:1kg
  • 油:大さじ1
  • 人参:2本
  • セロリ:2本
  • ニンニク:4片
  • 玉ねぎ:1つ
  • 塩、こしょう:適量
牛肉はモモやランプ、サーロイン、肩ロースなどお好みの部位を用意してください。

グレイビーソース

  • 赤ワイン:225ml
  • 水:100ml
  • ローリエ:1枚

道具

  • オーブン
  • フライパン
  • 大きめの耐熱容器
  • タコ糸
  • アルミホイル
  • ザル(濾し器)

作り方

STEP1:野菜を切る

まずオーブンを180度に余熱を開始します。

野菜は全て乱切りにし、肉は筋があったら取り除いておきます。

切り取ったすじ肉は野菜と一緒にして構いません。

STEP2:肉をタコ糸で縛る

肉をタコ糸でキツめに縛ります。肉と野菜に塩こしょうをまぶしておきます。

STEP3:肉に焼き色をつける

フライパンに油を引き、肉の表面全面に焼き色をつけます。

焼き色が付いたら肉を取り出し、野菜も7~8割火が通るまで炒めます。

肉は焼き色を付けるだけなので、中まで火を通そうとしなくて大丈夫です。

STEP4:肉をオーブンで焼く

耐熱容器に野菜を敷き詰めてから牛肉を乗せ、オーブンに入れて30~40分焼きます。

ご家庭のオーブンでそれぞれ調節してください。

STEP5:肉を寝かせる

焼きあがったらアルミホイルで牛肉をキツめに密封し、そのまま1時間くらい休ませます。こうすることで切ったときに肉汁が出てきません。

肉は熱々なので、アルミホイルを巻くときは鍋つかみなどをはめて火傷しないように注意してください。
この方法はステーキを焼くときにも使えます。ステーキ肉の場合、寝かせるのは5分で大丈夫です。

STEP6:グレイビーソースを作る

野菜を焼いたときに出た汁などを全て鍋に入れます。同じ鍋にグレイビーソースの材料も全て入れて30分ほど煮込みます。

STEP7:ソースをこす

こし器で野菜をこして、グレイビーソースを取ります。味見をしながらソースに塩こしょうをふります。

STEP8:肉を切る

休ませたローストビーフは薄く切っていきます。

STEP9:ソースを添えて完成!

お皿にお肉を並べ、グレイビーソースを添えれば出来上がりです。

作るポイント

ローストビーフにはワサビ醤油もとっても合うので、余裕があればソースを2種類用意してもいいです。

今回ご紹介したレシピでは時間は掛かりますが、その分誰からも誉められるローストビーフが完成します。

誕生日や感謝祭、クリスマスなどのお祝いのときにぜひ試してみてくださいね。

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。