1. 暮らし
    2. 家賃相場を判断する時、注意すること

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    家賃相場を判断する時、注意すること

    「新しい部屋に引っ越したら、ソファはどこに置こうかな?」なんて考えるのも楽しみなものですが、そこで気になるのが家賃です。

    筆者はこれまでに幾度か賃貸住宅を探したことがあります。その時の経験をもとに家賃相場を判断する時に注意している点を説明します。

    賃貸費用として考えるもの

    • 家賃と共益費

    通常、賃貸の費用として思い浮かぶのは、家賃と共益費の二つ。多くの方が「自分の探している条件だと、家賃と共益費を足して、月々これくらいの金額だな」と相場を判断して、物件をチェックしているかと思います。

    • 敷金と礼金

    入居者募集に明示されているものに敷金と礼金があります。月家賃の数倍という大きな金額ですが、入居時の一時費用と軽く考えがちです。

    しかし、年単位、契約年数単位で住居費としてこれらを見てみると、実は、この金額の差が大きなポイントだということがわかってくるのです。

    敷金:退去時の修理費用、デポジット等として念のため預けておくお金。退去時、戻ってくる場合、戻ってこない場合、一部戻ってくる場合があります。
    礼金:大家さんに支払われるもの。退去時には戻ってきません。

    この他、更新時の更新料や、不動産業者に支払う取扱手数料等(1ヶ月分のことが多いようですが、業者により金額が違います)があります

    敷金が違うとどう変わる?

    上述したとおり、敷金は退去時に戻ってくる場合と戻ってこない場合があります。そこで、「敷金」の部分が変わるとどう違ってくるかを具体的にみてみましょう。

    パターン①

    家賃 70,000円
    共益費 3,000円
    敷金 0円
    礼金 1ヶ月70,000円
    ここに丸2年間住んだら、1ヶ月の費用は78,833円となります。

    パターン②

    家賃 70,000円
    共益費 3,000円
    敷金 2ヶ月140,000円 退去時1ヶ月分償却
    礼金 1ヶ月70,000円
    ここに丸2年間住んだら、1ヶ月の費用は84,666円となります。

    パターン③

    家賃 70,000円
    共益費 3,000円
    敷金 2ヶ月140,000円 全額償却
    礼金 1ヶ月70,000円
    ここに丸2年間住んだら、1ヶ月の費用は90,500円となります。

    以上、わかりやすいように、本記事では敷金の部分だけ変えてみました。

    敷金0の場合と、敷金2ヶ月で退去時戻ってこない場合を比べると、1ヶ月の費用は78,833円⇒90,500円、なんと11,667円も違ってくるのです。2年住んだら、差額は280,008円。大きな差ですね!

    このように、敷金や礼金を考慮すると、考えていた家賃の相場から大きく離れてしまう場合があります。

    契約時の総支払額がわかるとより正確ですが、いざ契約となるまで自発的に出してくれない不動産業者さんがほとんどだと思います。

    おわりに

    以上を参考に、賃貸住宅を探すときは家賃と共益費だけ見るのではなく、「敷金と礼金などを含めて1ヶ月あたりいくら?」と考えて実際計算してみると良いと思います。

    (photo by 足成)

    このライフレシピを書いた人