\ フォローしてね /

野菜ジュースとレーズン入りの「ヘルシー山食パン」の作り方

レーズンとドライいちじく、野菜ジュースを入れた食パンです。

レーズンの量が多いので伸びはあまりよくありませんが、たっぷりのレーズンが入っているのでスイーツパンが好きな人にも楽しんでもらえるパンです。

材料(1斤分・3~4人分)

(ポーリッシュ種)

  • 強力粉(ゴールデンヨットを使用) 125g
  • インスタントドライイースト 小さじ1/4
  • 水 125g

(本捏ね)

  • 強力粉(ゴールデンヨットを使用) 100g
  • 準強力粉(オーベルジュを使用) 25g
  • 塩(ゲランドの塩を使用) 5g
  • 三温糖 13g
  • インスタントドライイースト 3g
  • スキムミルク 5g
  • 無塩バター 13g
  • 野菜ジュース(農協野菜&フルーツを使用) 50g
  • レーズン 85g
  • ドライいちじく 50g

ポーリッシュ製法で作っています。ポーリッシュ製法については下記記事を参考にしてください。

もし、時間がないならポーリッシュ種を一気に混ぜるストレート法でもできます。

「ヘルシー山食パン」の作り方

STEP1:ポーリッシュ種を作る

ポーリッシュ種を入れ、全体を混ぜ合わせて室温で3時間置いておきます。

蓋などをして、乾燥しないようにしておきます。

STEP2:本捏ねをする

ホームベーカリーに本捏ねの材料とポーリッシュ種を入れます。

ポーリッシュ種は上から入れてしまって構いません。

レーズンといちじくは、量をはかっておきます。

ホームベーカリーのパン生地コース、レーズン「あり」でセット。レーズン投入のブザーが鳴ったら、蓋をあけてレーズンといちじくを入れます。

1次発酵までおまかせです。

STEP3:分割、ベンチタイム

生地ができたら2つに分割します。ベンチタイムは室温で20分。表面が乾かないようにしておきます。

STEP4:2次発酵

めん棒で生地を伸ばし、端からくるくると巻いて成形します。

左の生地は時計回りの巻きに、右の生地は反時計回りの巻きにするのがポイントです。

オーブンレンジ35度で75分加熱し、二次発酵をします。

目安はパン型の8割まで生地が発酵していること。レーズン、いちじくが入ることで発酵しにくくなっています。そのため、長時間発酵の時間を取っています。

STEP5:化粧し、焼成する

二次発酵をした後、180度30分で予熱をかけます。

その間に準強力粉(分量外)を茶こしで上からふりかけておきます。予熱が終わったら焼成して完成です。

色が薄いようならお好みの焼き具合まで追加加熱してください。

完成!

2つ山の山食ができました。レーズン、いちじくが入ったパンで、断面はほんのり黄色いのが特徴です。

レーズンは多めに入っています。食べるといちじくのぷちぷちした食感も楽しめます。

フランスパンを作る準強力粉が少し入っているので、山部分はカリッとした食感も楽しめるパンです。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。