\ フォローしてね /

柿で和食!サワラの酒蒸し柿あんかけの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

旬の柿を使った和食に挑戦。昆布だしと柿を合わせた薄口みぞれあんを、酒蒸しのサワラに合わせました。

材料(2人分)

  • サワラ:2切れ
  • 柿:1個
  • 生姜(すりおろし):小さじ1
  • 生姜(薄切り):2~3枚
  • 青ネギ:15センチ程度
  • 昆布:10センチ程度
  • 昆布だし:1カップ
  • 酒:大さじ4
  • 白だし:大さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • 片栗粉:小さじ1

作り方

STEP1:柿をピュレ状にする

柿は皮をむいて種を取り除き、フードプロセッサーにかけてピュレ状にします。

STEP2:サワラの下準備

サワラは塩小さじ1/4をふって10分ほど置き、ペーパータオルで水気を取ります。

濡れ布巾で汚れを拭き取った昆布の上にサワラをおきます。

STEP3:蒸す

細切りにした青ネギとスライスした生姜をのせて、酒大さじ2をふりかけます。蒸し器かフライパンで、約10分蒸します。

STEP4:柿あんを作る

サワラを蒸している間に、昆布だし、柿ピュレ、塩小さじ1/4、すりおろした生姜、酒大さじ2、白だしを鍋に入れ、沸騰したら大さじ1の水で溶いた片栗粉を入れてとろみをつけます。

STEP5:完成!

蒸し上がった皿から生姜を取り除き、柿みぞれあんをかけて完成。お好みで七味唐辛子をかけていただきます。

おわりに

ふんわり優しい柿の甘味が、あんを上品に仕上げています。

蒸し鶏や焼き野菜、豆腐にも合うあんだと思います。ぜひお試しください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。