\ フォローしてね /

年末ジャンボ宝くじを連番・バラで買う時のメリット・デメリット

宝くじを購入する人の全てが期待する当選。宝くじの高額当選者になれる人は極少数です。しかし、少しでも宝くじの的中確率を上げる考え方があるのも事実です。

ここでは、年末ジャンボ宝くじの種類や買い方のポイントなどを紹介します。

2012年の宝くじは…

販売日

平成24年11月26日(月)~12月21日(金)

抽選日

平成24年12月31日(月)

当選金

  • 1等4億円68本
  • 前後賞1億円136本
  • 組違い賞10万円6732本
  • 2等3000万円204本
  • 3等100万円6800本
  • 4等10万円68000本
  • 5等3000円6800000本
  • 6等300円68000000本

連番・バラで買うそれぞれのメリット

連番

連番で買うと、一等と前後賞の組み合わせ当選が可能になります。

2・3・4・5・6・7 一等+前後賞

バラ

バラで買うと、一等又は前後賞の当選の可能性が連番より高くなります。

バラ購入例1  1・4・7・9・11 前後賞

バラ購入例2  2・5・8・10・12 一等

連番・バラで買うそれぞれのデメリット

連番

購入できる番号の狭さがデメリットとなります。

バラ

前後賞を期待できなくなる。

宝くじ売り場の選び方は?

近場や仕事先など自分の行動範囲内でえらびましょう。

この時期特集で「一等が○本でました!」と言うお店を紹介していたりしますが、別段自分の時に出る保障などありませんし、確率も上がりません。

遠出になる方は、交通費分宝くじ購入された方がよろしいかと思います。

おわりに

当たれば大きいですが中々難しいので、当たらなかった事も視野に入れて無理せずに夢を購入して下さい。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。