1. 料理
    2. 製菓道具「ケーキ回転台」の使い方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    製菓道具「ケーキ回転台」の使い方

    商品として「ケーキ回転台」はお手頃な価格で販売されていますが筆者は「調味料置き」を「ケーキ回転台」の代用品として使用しています。代用品を使って製菓道具「ケーキ回転台」の使い方をご紹介します。

    代用ケーキ回転台の構造

    回転装置部品を丸くカットした合板に固定した簡単な構造です。時計方向、その逆もスムーズに回転します。

    製菓道具「ケーキ回転台」の使い方

    ポイント1: どんな調理の時に使うか?

    型に入れて焼いた生地に生クリームやバタークリーム等のクリームを均等に塗り、デコレーションする際に使用します。

    「ケーキ回転台」がなくてもできる工程ですが、均一な厚さにクリーム塗るには回転させながら作業したほうが、より美しく仕上がります

    ポイント2: 具体的なやり方の手順

    ベーキングペーパーを敷いた上にケーキを置きトップにたっぷりホイップした生クリームを置きます。

    ある程度クリームを広げたら均一な厚さ、平になるようにパレットナイフは固定して回転台と共にケーキ側を動かします。

    サイドも同様にパレットナイフを固定し回転させながらクリームを均一に伸ばします。

    最後に台側に流れ落ちたクリームを拭い取ります。

    2時間程度冷蔵保存します。これから更にデコレーションする場合も「ケーキ回転台」を使用します。

    ポイント3: 注意点

    林檎の皮を剥く時は、包丁ではなく林檎を動かすのと同様に、パレットナイフではなく「ケーキ回転台」と共にケーキ側を動かします。ある程度のスピードで滑らかに動かすことでクリームを均一に伸ばすことができます。

    陶芸の「ろくろ」のような役割です

    おわりに

    生地に生クリームやバタークリーム等のクリームを均等に塗り、デコレーションする際に使用する「ケーキ回転台」の使い方についてご紹介しました。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人