1. 暮らし
    2. 家を買う前に!知っておきたい住宅ローンの注意点

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    家を買う前に!知っておきたい住宅ローンの注意点

    「借入」「借金」……気が重くなる言葉ですね。私たちは元来の生真面目さからか、お金を借りることを後ろめたく感じることが多いようです。子供のころから欲しいものはお年玉を貯めて買うという教育のお陰かもしれません。

    しかし、住宅を購入するときは高額の住宅ローンを利用するにもかかわらず、それほどの抵抗がないようにみえます。

    ここでは住宅を購入する前に知っておきたい、住宅ローンの注意点お伝えします。

    本記事は、FPバンク 久保田正広氏のご協力により、2012年に執筆されたものです。

    住宅ローンをどうやって決めているか?

    ローンの相談をする相手は?

    住宅販売のチラシを見て、家賃と同じくらいの返済ならローンを組んでも負担感はない、むしろ資産にさえなると感じるのは自然なことでしょう。でもちょっと待って下さい。マイホームに魅せられる前にどうやって住宅ローンが販売されているのか確認しておきましょう。

    皆さんはご存じでしょうか?住宅ローンを取り扱う金融機関に自ら足を運んで相談してローンを決める方が実はほとんどいないというという事実を。では誰にローンの相談しているのでしょうか?

    答えは「住宅業者」です。

    多くの人は勧められるままに契約している

    住宅を購入するのは、生涯でも1度か2度でしょうから日常生活において触れる事はほとんどなく、まして常に調べたり気にしてはいないものです。

    いざ「欲しい住宅」があった時、「こちらのローンをご利用いただけます」と業者の一言で、この家を買うためにはこのローンなんだと納得してしまうのです。

    もし他のローンの選択は?と思っても、「こちらの銀行さんとの提携ローンですから1番安くてお得です」と背中を押されればもう「お願いします」となり、その物件を買える事で満足してしまいます。「欲しい住宅」を手に入れることが最大の目的ですからね……。

    しかし住宅購入後、長い期間そのローンを返済していかなければならないのですから、住宅ローンの選択もしっかりとした見極めが大事なはずです。

    選ばないことでのデメリットがある?

    住宅ローンは選び方ひとつでコストに数百万円も差がでたりするものです。また、ローンの組み方・返し方を誤って返済が苦しくなり、家を手放す人が後を絶ちません。

    これからの時代は他人まかせにすることなく、自分で十分理解納得してローン選びをすることが大切なのです。

    おわりに

    住宅を購入する際には、安易に勧められたローンを契約するのではなく、一度専門家に相談をしてみましょう。

    返済期間、金額、借入金額、借入先など様々なアドバイスがもらえるはずです。

    (photo by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人