\ フォローしてね /

動物性と植物性の生クリームの違い&選び方

生クリームには動物性と植物性のものがあること、知っていましたか?両者には味や見た目、食感、カロリーなどに違いがあるので、用途に合わせた使い分けを。デコレーションケーキなどのお菓子に使うホイップクリームは?コーヒーに入れるポーションは?一体どっちがいいのでしょうか。これまで意識したことがなかったという人は、これを知っておけばお菓子作りがもっと楽しくなるかも!

スーパーなどに置いてあるクリームって、動物性と植物性がありますよね。

値段が違うし、どのように使い分けたらいいのか知りたい!という方のために、それぞれどんな特徴があるのか簡単に違いをご説明します。

「生クリーム」とは

生クリームとは乳脂肪分が18%以上のものを言います。それ以下のものは“生クリーム”と称して販売できないため、パッケージには「○○ホイップ」や「ホイップクリーム」と書かれています。

動物性と植物性の違い

動物性生クリーム

牛乳を原料とした乳脂肪でできています。濃厚でコクがあるので美味しく仕上がり製菓向きです。脂肪分が40%台のものは比較的泡立ちやすいのですが、泡立ちすぎてしまうと分離してボソボソとした食感になるので扱いにくいです。乳脂肪分が30%台のものは泡立たせやすいですが、さっぱりとした味になります。

植物性ホイップ

植物性油を添加物で加工した、動物性の生クリームを模造したものです。動物性のものに比べてコクや旨味には欠けますが、消費期限が長い、価格が安いなど植物性ならではの良さがあります。牛乳が苦手な方は動物性の生クリームが食べられなくても、植物性の生クリームは乳臭さがないため食べられるといったこともあります。

身近な物で表すと、動物性=バター、植物性=マーガリンと考えていただければわかりやすいと思います。

メリット&デメリット

動物性生クリーム

メリット

  • 濃厚でコクがある
  • 風味がよい

デメリット

  • 価格が高い
  • 時間が経つとだれてしまう
  • 消費期限が短い
  • 色が黄色く、分離しやすい

植物性生クリーム

メリット

  • 価格が安い
  • 色が真っ白なので綺麗なケーキが作れる
  • 軽くてあっさりしている
  • 消費期限が長い
  • だれることなくしっかり形をキープしてくれる
  • 乳臭さがない
  • 乳製品にアレルギーがある人でも使える

デメリット

  • 添加物が入っている
  • コクと旨味に欠ける
  • 泡立ちにくい

どんな使い方が向いている?

上記の点を踏まえて、どんな用途に向いているのでしょうか?動物性の生クリームは乳脂肪分の割合によって異なります。

  • 20~30% → コーヒー用
  • 35~38% → 製菓用(プリンやムース)
  • 40%以上 → ホイップ用
製菓ではどんなものでも旨味とコクのある動物性生クリームを使うことが多いですが、植物性ホイップを混ぜるなどして植物性ホイップのメリットを上手く利用してみるのも◎。

クリームにも様々なメリットデメリットがあるため、どちらがいいといった事はなく、それに適した用途に使ってください。

(image by PIXTA)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。