\ フォローしてね /

外側・内側両方から楽しめる!マンションでのクリスマスイルミネーションの飾り方

はじめに

12月に入ると街はきれいな光に包まれ、クリスマスムードが高まってきます。自宅でもクリスマスを演出したくなりますね。

マンションでクリスマスのイルミネーションを飾る場合、光が隣や下の階に漏れないようにしたり、音が響かないようにしたり、夜遅くまで点灯しないようにしたりと色々と制約が出てきますね。

ここでは、マンションの外側・内側両方から楽しめる統一感のあるクリスマスイルミネーションの飾り方をご紹介します。

すべての窓を使ってイルミネーション

用意するもの

  • ナイアガラのようにラインを吊り下げるタイプの電飾
  • ホワイトスプレー(好みに応じて)
  • 窓用シール(好みに応じて)
  • ワイヤー入りビニールひも(状況に応じて)

飾り方

ワイヤー入りビニールひもで、カーテンレールにくくり付けていきます。電飾のワイヤーは緑色のものがほとんどなので、同系色でまとめると、目立たずきれいに取り付けることができます。また、ワイヤー入りビニールひもは100円均一店などで安価で手に入れることができます。

家中の窓の天井部分あるいは、カーテンレールにナイアガラ式の電飾を吊り下げていきます。全部の窓を同じ色にしても統一感が出てきれいですし、同じ面にある窓を同じ色で統一してもきれいです。

利点

  • イルミネーションが濡れる心配がない(長持ちする)
  • 自宅内で電源を取ることができる
  • 光が隣家や下の階に漏れることがない
  • 点灯の時間の制約がない
  • カーテン越しだと、家の中からの光を楽しめ、また、外から中の様子が見えないのでイルミネーションを飾っていても防犯できる
  • 音が外に響かない(音のでるタイプを使った場合)
好みに応じてホワイトスプレーで窓に絵を描いたり、あとが残らないシールを貼ったりすると、さらにきれいな演出になります。
初期投資はかかりますが、LED電球を使うと電気代が安く、光の強さも強いので、一段ときれいな光を楽しめます。

おわりに

筆者は、3面ある窓をすべて青色のLED電球を使って飾ったことがあります。外から見ると部屋全体が浮かび上がるような感じで、とても幻想的でしたよ!

(Photo by 足成)
(イラスト by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。