1. コミュニケーション
    2. 誰でもできる!簡単トランプマジックのやり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    誰でもできる!簡単トランプマジックのやり方

    このライフレシピのもくじたたむ

    トランプを使ったマジックです。タネも仕掛けもなく、トランプ15枚さえあれば、誰でも簡単にできます。

    友達とのちょっとしたサプライズや宴会の一発芸にどうぞ。

    用意するもの

    • トランプ:15枚

    やり方

    STEP1:前振り

    トランプ15枚を周りの人に見せたり、シャッフルてもらったりし、タネも仕掛けもないことを確認してもらいます。

    STEP2:カードを1枚引いて覚えてもらう

    「この中から1枚引いて、そのカードを良く覚えていてください」

    さて、これからが本番です。誰かひとりに15枚から1枚を引いてもらい、そのカードをその場にいる人たちに覚えてもらいます。

    STEP3:カードをシャッフルしてもらう

    (後ろを向いて)「しっかりシャッフルしてください。私はこの通り、見ていませんよ」

    ちなみにここでは説明を分かりやすくするため、ハートの5ということにしておきます。(もちろん、本番ではマジックする本人には分からないカードですよ)

    選んで覚えてもらった後は、みんなにシャッフルしてもらって、タネも仕掛けもないことを強調しましょう。

    STEP4:カードを5枚ずつ3つに分ける

    しっかりシャッフルされたカードを、1枚ずつ順番に置いていき、3つのグループ(1束5枚×3)に分けます。

    置いていく順番は右→真ん中→左→右→真ん中→左→右→真ん中→左…でも右→真ん中→左→左→真ん中→右→右→真ん中→左…でもOK。最終的な結果に影響はありません。

    1枚ずつ順番にカードを置いていく際、スマートにササッと束を作れるとかっこよく見えます。

    STEP5:該当カードがどこにあるか教えてもらう

    「この中にありますか?ありませんか。では、この中には?」

    3つの束のうち、どの束の中に選んでもらったカードがあるのか、カードの中身をみんなに見せながら聞いていきます。

    STEP6:該当カードの束を残りの束で挟み、また分けて聞いてを3回繰り返す

    選んでもらったカードが含まれる束を挟んで、3つの束をまとめます。

    まとめた束をまた3つに分け、どこに選んだカードがあるのかを聞きます。この流れを合計3回行います。

    このとき絶対にシャッフルしないでください。順番が変わってしまいます。

    STEP7:カードを宣言する

    3回目に「この中にカードがある」と言われた束の真ん中に、意中のカードが必ずきています。

    あとはドラマチックに発表するだけ。上の写真のようにカードを1枚交代にして位置が上下にずれるように重ねていってください。

    1束が5枚なので、上下3枚と2枚に分かれます。下が2枚になるようにし、上の3枚のうちの外側の2枚を上から下におろします。

    すると、その2枚に挟まれた真ん中の1枚が顔を出します。その顔を出した1枚をさっと取り出しながらが高らかに宣言しましょう!

    「あなたが選んだのは、このカードですね」

    ポイント

    とても簡単なトランプマジックです。小学校のころからいろんな人に披露してきましたが、いつも驚かれます。

    ただ、何度やっても驚かれる、というマジックではありません。(どのマジックにも言えることかもしれませんが)

    何度かやっていると、毎回真ん中に来ていることがバレてしまいます。なので、一発勝負です!

    このマジックで少しでも宴会の席を賑わすことができればとてもうれしいです。

    (image by PIXTA)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人