\ フォローしてね /

生演奏を間近で堪能!ジャズバーを楽しむ方法

ジャズバーと聞くと、大人のムードたっぷりといったイメージが浮かぶかと思いますが、お店によっては出演バンドにより、しっとり聞きこむパターンと、曲に合わせて盛り上がるパターンがあります。

そして、何よりも、生演奏を間近で聴ける場所です。今回はそんなジャズバーを中心にご紹介します。

ジャズバーの種類

大きく分けて、生演奏を聴くタイプとジャズレコードを流しているタイプの2種類があります。

盛り上がりたい人は、生演奏タイプ。しっとりとした雰囲気の中で落ち着いて聴きたい人はレコードを流しているタイプをお勧めします。

私語はしていいのか

著者の知る限り、私語禁止というジャズバーは存在していません。普通に会話をして大丈夫です。

演奏が始まると曲に聴き込みますが、時には掛け声などが飛び交ったり、静かな曲になるとBGMとなり普通に会話を楽しんだりできます。

ライブが行われる際、ライブチャージはかかるのか

生演奏が行われるライブハウス系の場合は、ライブチャージがかかります。その際、一杯ドリンク付きというのもあるので、それを利用してまずは一杯飲みましょう。

値段に関してはアーティストによって変わりますので、各ライブハウスに問い合わせてください。

その他、注文した食べ物に関してはライブハウスを出る際に追加で清算するのが普通です。

お勧めのジャズバー

ここは老舗であり、超有名なので、初体験の際に「服装は正装なのか?」「予約方法は?」「席の確保は?」などと、いろいろと考えてしまうかもしれません。

まず、服装については、正装じゃなくて大丈夫です。Tシャツにジーンズでもオッケーです。

予約方法は、昔はややこしかったのですが、今は電話一本で可能です。席の確保については、会場についた人から順番に地下のステージに入っていき、ウエイター(しかも接客態度は完璧です)の方の指示に従って、空いている席から埋まっていくので、会場には早めに到着していることをお勧めします。

店内後方にカウンターバーが設置してあり、ライブ開始前や終了後などではアーティストが普通にお酒を飲んでいたりするので、話しかけたり、サインや写真撮影に応じてくれる場合もあり、値段が高い割には、超、お得です。

ここも基本は、ブルーノート東京と同じです。ただし、席の確保については予約の際に予め決めさせられます。

オススメは2階席。3階席でも十分に間近に生演奏やアーティストのプレイをじっくりと見ることができます。

雰囲気的にはブルーノート東京よりもラフな感じです。

ここは、レコードを流しているジャズバーです。

マスターがとても良い人で、話しかけやすく、カクテルなども「自分のイメージに合ったものを作ってみてほしい」と頼むと、快く作ってくれたりします。

ジャズ好きの人が集まるお店で、店内に入るとすぐに「レコード」がどーんとワゴン内に何枚も置かれているのですが、常連客が各自持ち込んできていて、このお店で聴きたい時にリクエストするためとのことでした。

おわりに

ジャズバーの大体の雰囲気がお解りになっていただけましたでしょうか?大人のムードたっぷりのジャズバー。

ジャズ初心者の方にも、気軽に通っていただけるようにご紹介したつもりです。是非、一度通ってみて、楽しんでください。

(photo by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。