1. 料理
    2. 蒸し器がなくても大丈夫!鍋で茶わん蒸しを作る方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    蒸し器がなくても大丈夫!鍋で茶わん蒸しを作る方法

    茶わん蒸しが食べたくなったけど蒸し器がない!でも、諦める必要はありません。今回は鍋で茶わん蒸しを作る方法を紹介します。

    「直蒸し(じかむし)」別名「地獄蒸し」

    直蒸しとは蒸し器を使わずに器を直接熱湯に入れて蒸す方法で、地獄蒸しとも言います。鍋に器の深さの半分くらいまでの湯を沸かし、材料を入れた器を入れて蓋をします。2人分くらいの茶碗蒸しや蒸しプリンを作る場合は、直蒸しのほうが手軽です。

    やり方

    STEP1 材料を入れた器を用意します

    今回は茶わん蒸しです。

    STEP2 濡らしたペーパータオルを蓋にセットします。

    蓋の内側に付いた水滴が食材の上に落ちないようにするためです。

    四隅を折ってマグネット式のつまみをセットします。

    一般的な蓋はこの写真のようにつまみのほうへ折って下さい。垂れたままですと熱によって乾燥し引火の可能性もあります。

    STEP3 沸騰したお湯の中に器を入れます。

    表面が白っぽくなるまで強火2分、その後は弱火で8分です。

    完成です

    串を差してみて濁った液が出てこなければ完成です。

    鍋から取り出す時も火傷に注意して下さい。

    蒸し時間の比較

    蒸し器の場合は14~15分かかりますが、直蒸しは10分ぐらいで出来上がります。ただし、具材、卵液の割合等で蒸し時間は変わってきますので、様子を見ながら時間を調節して下さい。直蒸しのほうが早く出来上がりますが、その分スが入りやすいです。

    おわりに

    蒸し器は使う頻度が少なく、また置き場所にも困りました。鍋だとお湯を沸かしてそのまま器を入れるだけなので手間もかからず、片づけも楽ちんです。1人前なら小鍋で、人数が多ければフライパンでも同じように直蒸しができます。手軽にできますので試してみてください。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人