\ フォローしてね /

冷凍して自然解凍!菓子パンの保存方法

美味しそうなパンを見掛けると、食べきれる以上の量を買ってしまうことがままあります。買ってしまうのは仕方ありません、美味しそうだったのですから。そしてそれが無駄にならないようにちゃんと食べることまでがパンへのありがとうです。

今回は、菓子パンの保存方法をご紹介いたします。

用意するもの

  • 菓子パン
  • ラップ
  • フリーザーバッグ

菓子パンの保存方法

STEP1:消費期限を確認する

菓子パンの袋に説明書きが記載されている場合は、説明書きを参考に保存します。高温多湿、直射日光があたる場所は避け、常温保存出来ます。

パン屋さんで購入したパンなど、消費期限が記載されていない場合は、1〜2日を目安に早めに消費するようにしましょう。

保存期間は、季節や室温にも左右されますので、消費期限に関わらず早めに消費することをおすすめいたします。

STEP2:パンをラップで包む

消費しきれない時は、冷凍保存も出来ます。空気に触れないよう、パンをラップでピッタリと包みます。

STEP3:ラップで包んだパンを保存袋に入れる

フリーザーバッグに入れ、空気を抜いてチャックを閉めます。

冷凍庫で冷凍保存します。

冷凍保存期間は、約1ヵ月です。

解凍の仕方は、ラップをしたまま常温で2~3時間自然解凍させれば、そのままお召し上がりになれます。

本格的なカスタードクリームを使用したパンの場合は、クリームがポソポソになり食感が悪くなってしまいますので、気になる方は冷凍保存は避けた方が良いです。

急いで食べたいならチンッ!も

生クリームやチョコレートでコーティングされていない、温めても溶けてしまわない材料が使用されたパンであれば、レンジで少し温めると美味しくお召し上がりになれます。

目安として、レンジ500Wで10秒くらいづつ様子を見ながら温めると良いでしょう。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。