1. 暮らし
    2. キッチンに安心を!食器の地震対策

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    キッチンに安心を!食器の地震対策

    このライフレシピのもくじたたむ

    引越し業者さんの知恵を活用します。ワレモノ食器の多いキッチンに安心な地震対策をしましょう。わさわざ買い足さなくても、キッチンにあるものの流用で、まかなえます。

    用意するもの

    • キッチンペーパー

    安価なキッチンペーパーで充分効果があります。天ぷらなどの油をたっぷり吸収できるタイプのキッチンペーパーも効果絶大です。もちろん清潔なキッチンタオルでもOKです。

    • プチプチ(荷造り用の梱包材)

    普段の買物で、ワレモノを購入する際に包んでくれるプチプチを利用します。薄いものでもOKですが、汚れている場合はアルコールで拭きましょう。

    • キャップ(リンゴや梨などについている白い網)

    果物用のキャップは、りんごや梨などを購入する時に手に入ります。多少、伸びるので、使い勝手が良いです。

    お皿

    散乱防止と滑落防止がポイントです。

    お皿の下にキッチンペーパーを敷く

    食器棚に積んでしまってあるお皿の下にキッチンペーパーを敷きます。

    お皿とお皿の間にキッチンペーパーを敷く

    お皿がカチャカチャ音をたてなくなります。すべてに敷かなくても、2~3枚ごとに敷いても大丈夫です。

    グラス

    転倒防止に気をつけて、ぶつかりあわないようにします。

    プチプチを文庫本サイズくらいにカット

    グラスとグラスの隙間に立てかけておきます。ブックエンドにプチプチを巻きつけると仕切り板にもなります。

    頻繁に使用しないものにはキャップ

    夏のジュース用のグラスやワイングラスなど、もし頻繁にしようしないものがあれば、キャップをそのままかぶせておきます。

    お酒や調味料の瓶にも利用できます。瓶に履かせてしまうと不安定になってしまいます。使用する時は、瓶の上部に被せるほうが安全です。

    おわりに

    見た目も大切ですので、足元の扉の中や、棚の奥だけの利用だけでも良いと思います。棚板には防虫シートや防カビシートを敷くと、滑り止め効果も発揮してくれます。

    (image by 足成)
     

    このライフレシピを書いた人