\ フォローしてね /

鉄分たっぷり後期の離乳食!高野豆腐と切り干し大根の味噌煮の作り方

離乳食も後期に入ると、食べられる食材や量がグッと増えて、離乳食作りが楽しくなりますよね。また、母乳やミルク中心だった赤ちゃんの栄養も、食事が中心になってくるので、栄養面もしっかり考えた離乳食作りを心がけたいものです。

そこで、この時期に不足しがちな栄養素、鉄分を多く含んだ食材、「高野豆腐」「切り干し大根」を使った離乳食メニューを紹介したいと思います。

材料

  • 高野豆腐・・・3g
  • 切り干し大根・・・2g
  • にんじん・・・5g
  • だし汁・・・50cc
  • 味噌・・・少々
高野豆腐と切り干し大根は、乾燥状態での重さです。

高野豆腐と切り干し大根の味噌煮の作り方

STEP1:高野豆腐と切り干し大根を戻す

高野豆腐、切り干し大根を、それぞれたっぷりの水に浸けて、柔らかく戻します。

STEP2:にんじんを切る

乾物を水戻ししている間に、他の下準備をしておきます。にんじんは、5mm角程度に小さく切ります。

STEP3:煮汁を作る

だし汁に、あらかじめ味噌を溶いておきます。

STEP4:高野豆腐を切る

柔らかくなった高野豆腐の水気をぎゅっと絞り、手でつまみやすいよう、1cm角くらいの大きさに切ります。

STEP5:切り干し大根を切る

水で戻した切り干し大根を、包丁で細かく刻みます。

切り干し大根は、煮ても歯ごたえのある食材なので、できるだけ細かくしてあげましょう。

STEP6:煮る

鍋にSTEP3を煮立て、高野豆腐・切り干し大根・にんじんを加えて、蓋をして弱火で2分ほど煮込めば出来上がりです。

にんじんが柔らかく煮えればOKです。

高野豆腐はツルツルしていないので、とてもつまみやすく、手づかみで食べる練習にもピッタリです。栄養もしっかり摂れ、しかも簡単にできるメニューなので、ぜひ、試してみてください。

(photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。