\ フォローしてね /

隠し味に豆板醤!ぶりの照り焼きの作り方

このライフレシピのもくじたたむ

豆板醤を入れることで、深い味わいになります。辛さを感じない程度に入れるのがコツです。そんなぶりの照り焼きの作り方を紹介します。

材料(2人分)

  • ぶり 2切れ
  • 塩 ふたつまみ
  • 酒 大2~3
  • 片栗粉 適宜
  • サラダ油 適宜
  • A酒 大1
  • Aみりん 大3
  • A醤油 大2弱
  • A豆板醤 少々

作り方

STEP1:ぶりの下処理をする

ぶりはそれぞれ、塩をひとつまみずつすり込みます。10分ほどしたら酒で塩や出てきた水分を洗い流します。さらにふきんなどで水分をふきます。

STEP2:フライパンで焼く

ぶりは片栗粉を軽くまぶし、油をしいたフライパンで焼きます。

STEP3:調味料を加える

こんがりと焼けたら、裏返し裏面も焼き、合わせたAを加えます。

STEP4:中まで火を通す

蓋をして弱火で3分、中まで火を通します。

STEP5:タレを絡める

蓋を外し、強火にしてタレを煮詰めていきます。身が崩れないように裏返して両面に絡めます。器に盛って、残ったタレをかけていただきます。

完成!

おわりに

表面に片栗粉をまぶすことで、タレの絡みがよくなり柔らかく仕上がります。豆板醤の辛みはほとんどないので、子供でもおいしく食べられますよ。

ぶりは冬が旬です。積極的に食べましょう。

(photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。