\ フォローしてね /

ホームベーカリーで簡単にできる!さくっと軽い食感のアップルパイのつくり方

お菓子作りは、楽しい反面手間がかかるイメージですが、こねる作業をホームベーカリーに任せれば、楽にお菓子作りができます。

今回はホームベーカリーを使って、パイ生地からアップルパイの作り方をご紹介いたします。

用意するもの

  • パイ生地の材料

薄力粉 70g
強力粉 70g
バター 70g
冷水  70ml

  • 具材

りんご 1玉
砂糖  70g
レモン果汁 小さじ1杯

  • つやだし

卵黄 1個分
牛乳 少々

パイ生地から作るアップルパイのつくり方

STEP1 生地作り

パイ生地の材料をホームベーカリーに入れ、パン生地モードでスイッチオンします。生地が出来上がったら丸くし、冷蔵庫で1時間冷やします。

STEP2 りんごの準備

りんごを6等分~8等分にし、薄切りにします。水にさらしながら切ると、変色を防ぐことができます。

耐熱皿へ並べレモン果汁、砂糖をまんべんなく混ぜ、レンジで加熱します。

600Wで1分30秒かけたあと、りんごをよく混ぜ、さらに1分30秒レンジにかけます。

砂糖がしっかり溶け、汁気が出てきているので、やけどに注意し、このまま粗熱が取れるまで冷まします。

STEP3 パイ生地をこねる

麺棒を使ってパイ生地を長方形に伸ばし、上と下を中心に持って行き、方向を替えまた長方形に伸ばします。この作業を4、5回繰り返し、再度冷蔵庫で30分冷やします。

STEP4 りんごの準備

りんごの粗熱が取れたら、汁気を切っておきます。

シナモン風味にしたい場合はここでシナモンパウダーをかけます。

STEP5 生地を成形する

冷やした生地を、適当な大きさに切り、薄く伸ばしていきます。綺麗な長方形にならなくても、後で調整出来るので、できるだけ長方形に近い形で伸ばします。

薄く伸ばした方が軽くさくっとした食感になります。
バターが浮き出てくると生地を扱うのが大変ですので、生地がゆるくなってきたら冷蔵庫で冷やすようにしてください。

STEP6 生地に穴をあける

フォークの先端を使って、伸ばした生地全体に穴を開けます。

STEP7 りんごを詰める

生地の端を1センチほど残し、生地の半分にりんごを置いて生地をかぶせます。

STEP8 生地の端を留める

フォークの背を使って、生地の端を留めていきます。外側から内側へフォークを動かすと綺麗な型が残ります。

力を込めすぎると生地が切れてしまいます。あくまで端を止めるような気持ちで軽くフォークの跡を残してください。

STEP9 端を切り落とす

余分な端と打粉を落とします。

成形中にバターが浮いてくるようであれば、焼き上げ間際まで冷蔵庫に入れておきましょう。

STEP10 焼き上げ

生地同士がくっつかないように少し離して並べ、表面に光沢をつけるためたまご液を表面に塗り、200℃に予熱したオーブンで17分焼きます。

オーブンによって差があるかと思いますので、焼き色がつかないようであれば、様子を見ながら調整してください。

おわりに

パイ生地をさくさくに仕上げるコツは、生地を冷やすことにありますので、レシピにも注意書きしていますが、扱いにくくなったり、バターが浮いてくるようであれば冷蔵庫で再度冷やして作業してください。

手のかかる捏ねの作業をホームベーカリーにしてもらえば、生地から作るアップルパイも簡単に作ることができます。

ぜひ挑戦してみてください。

(Photo by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。