\ フォローしてね /

美味しい白菜の見分け方と手に入れる方法

白菜と言えば鍋だけでなく、漬物にも使われて、料理には多様な用途で使われる食材ですね。特に季節になれば美味しい白菜が出回るようになり、できるなら美味しい白菜を手に入れたいです。そこで、美味しい白菜を見分けるポイントをご紹介していきます。

美味しい白菜を見分けるには

半分にカットされた白菜の方が、見分けがつきやすいかもしれません。なぜなら、断面の部分から新鮮で美味しい白菜か見分けやすいからです。

  • 断面の中心部分が盛り上がって無いもの
  • 断面がみずみずしく新鮮なもの(乾燥、変色、しなしなになっていない)
  • 断面の葉がぎっしりと詰まっているもの
  • 断面の葉に黄色い部分が多いもの(黄色い部分が甘くておいしい)

以上の点から、半分にカットしてあると見分けやすいです。それに、美味しいうちに食べられるサイズでもあるので、半分にカットしてある白菜をおすすめします。

丸々1個の状態でおいしい白菜を手に入れたい!

半分じゃ足りない、といった方には産地直売所を訪ねましょう。白菜の季節になれば、その日に獲れたての白菜が店頭に並びます。これが新鮮じゃない訳がありません、それに獲れたての白菜に大抵はハズレがありません。

加えて直売所の店員さんにお勧めを聞いてみると良いかもしれません。生産者によって白菜の出来が違うので、店員さんお勧めの生産者の白菜を購入しましょう。

直売所の場所が解らない方は、直売所ドットコムを利用してください。

直売所はスーパーと違い、生産者が直接商品を持ちこみます。新鮮な白菜が手に入りやすいので、直売所をお勧めします。

おわりに

白菜は購入してからも成長を続けるので、美味しい状態を保つには工夫が必要になります。芯に切り目をいれると、成長を抑える事ができるので手間ではありますが、一工夫して美味しい白菜が食べられるように頑張りましょう。

(Photo by http://www.ashinari.com/2009/01/30-013157.php)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。