1. 暮らし
    2. 身近なものでニオイを取ろう。使える消臭術

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    身近なものでニオイを取ろう。使える消臭術

    このライフレシピのもくじたたむ

    ニオイというのは、やはり一番気になるものですよね。市販されている消臭剤を買わずに、身近なもので消臭をする方法をお教えします。

    再利用

    保冷剤

    保冷剤には消臭効果があると言われています。一部の保冷剤には、中身が消臭剤になるとも書かれています。

    ケーキ屋さんなどで、大きめのケーキを買うと、よくこの保冷剤が付いて来たりしますよね。とくに理由はないけど、保冷剤が冷凍庫に転がっている家というのは、結構多いのでは?

    もし使わないなら、消臭剤にしましょう。中身が、常温になるとドロドロになるものは、消臭剤として使用できます。

    中身がドロドロになる保冷剤は、中にポリマーと呼ばれる物質が入っています。

    ポリマーとは、白い粉末で、水分を大量に吸収することができる優れものです。ニオイは無く、無臭です。

    ティースプーン一杯ほどで、150ccどほの水を吸収し、ブヨブヨの物体にすることができます。

    このポリマーがあれば、いくらでも量産できますが、まぁポリマーが転がっている家なんて、そうそう無いでしょう。

    そこで、消臭剤の袋を開け、器に注ぎ、消臭剤として活用しましょう。

    10円玉

    これは結構有名な技かもしれませんね、10円玉を靴に入れて、銅の作用でニオイを取る方法です。

    2~3枚の10円玉を、使わない革靴の中に入れて、下駄箱へしまっておきましょう。

    新聞紙

    丸めた古新聞をブーツに入れて、消臭する方法です。これはおばあちゃんの知恵袋的なものですね

    消臭作用はまぁまぁで、10円玉と共用で使用すると効果が高まるのではないでしょうか?

    コーヒーの出がらし

    コーヒーの出がらしを巾着ほどの布に入れて、靴の中やタバコ臭いところへおいておくと、消臭作用があります。

    コーヒーの出がらしは、タバコのニオイに作用があり、タバコの臭いニオイを消してくれます。

    最後に

    秋の気持ちよい風と、程よい枯れ葉の香りが鼻を付く季節になりますが、やはりニオイというのは気になるものです。上記の身近な消臭で、快適な空間を作りましょう。

    (image by 足成)

    このライフレシピを書いた人