1. 料理
    2. お浸しやナムル用に使うほうれん草の下ごしらえの方法

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    お浸しやナムル用に使うほうれん草の下ごしらえの方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    今回は、お浸しやナムルなどほうれん草をゆでてそのまま生食する時の下ごしらえの方法を紹介します。

    用意するもの

    • ほうれん草 1把
    • 塩 小1弱
    • 水 1.5L
    • ボウル、ザル
    • 包丁

    下ごしらえの方法

    STEP1:ほうれん草を洗う

    ほうれん草はまず水を張ったボウルに根元を入れ、指でこすって土を落とした後、振り洗いします。さらに水を替え、葉の部分も洗います。

    STEP2:ほうれん草に切り込みを入れる

    ほうれん草の根元に包丁で十字の切り込みを入れます。

    切り込みを入れることで、茹で上がりが葉と均一になり根元も美味しくいただけます。

    STEP3:鍋に湯を沸かす

    鍋に分量の水を入れ、ブクブクとしっかり沸騰させ塩を入れます。

    STEP4:ほうれん草を湯に入れる

    まずは、根元を湯に入れます。10秒ほどしたら、手で軽く押して自然と葉っぱも入るようになります。

    STEP5:やわらかくなるまで茹でる

    全体が湯に入って、そのまま強火で再沸騰するのを待ちます。再沸騰したら30秒茹でます。

    STEP6:水にとる

    30秒たったらすばやく水にとり、水を3回ほど替えて粗熱を取ります。

    STEP7:水をしぼる

    向きをそろえて上から手で押さえしっかりと水分を絞ります。

    STEP8:食べやすく切る

    まず、根元の部分を切りあとは3cm長さに切り分けます。

    完成!

    おわりに

    今回は、おひたしやナムル用にやや柔らかめに茹でました。バター炒めやお味噌汁など再び火を通すものは茹で時間を短めにするとちょうど良いです。

    根元の部分は捨てる方も多いと思いますが、捨てるのはもったいないです。甘くてとても美味しいし、栄養も豊富です。見た目を気にしなければそのままお浸しに入れたり、また刻んでチャーハンなどに入れても美味しいです。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

    (photo by 著者)

    このライフレシピを書いた人