1. 暮らし
    2. 家でできる!ワイシャツの襟の黒ずみ・黄ばみを取る方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    家でできる!ワイシャツの襟の黒ずみ・黄ばみを取る方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    ワイシャツの襟や袖の汚れは、やっかいですよね。

    お家で洗濯して、クリーニング代を浮かせましょう!

    いつもの洗濯に、ひと手間加えるだけでスッキリときれいになります!是非お試しあれ!!

    衣服の黄ばみを落とす方法についてもっと知りたい方はコチラ!黄ばみの落とし方

    用意するもの

    • 洗濯洗剤
    • 酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)
    • 漬け置きするためのバケツ

    手順

    STEP1

    いつもの洗濯をする

    洗剤は何でも構いません。筆者は、洗濯石けんが最も汚れ落ちがよいと思いました。

    STEP2

    バケツにお湯(30~50℃)を入れ、2リットルの湯に対し大さじ1杯程度の酸素系漂白剤を溶かす

    お湯の温度・酸素系漂白剤の量は、使用する漂白剤の「使用方法」を守って下さい。

    STEP3

    シャツをバケツの中に、30分程度浸す。

    漬け置きする時間は、使用する漂白剤の「使用方法」を守って下さい。

    STEP4

    バケツの溶液を捨て、2回程度すすぐ。

    脱水をして終了です。

    おわりに

    筆者は以前、部分洗い用の洗剤を使ったり、こすり洗いをしたり、色々と試しましたが、労力に見合った結果は得られませんでした。

    筆者の方法だと、ただつけ置きをプラスするだけなので、労力と費用が最小限で済むと思います。

    もし、シャツが白いものだったり、「色落ちしてもいいや」と思えるものなら、お湯の温度を高く(50℃程度)したり、漬け置き時間を長く(一晩程度)すると、効果はとても高くなります。

    筆者の使った酸素系漂白剤は、台所用にも使えますし、洗濯槽のクリーニングにも使えますので、自宅の専用洗剤の在庫も減らせます!

    長期保管していて黄ばんだ衣料にも効果があるので、是非試して下さい。1回で白くならなくても、数回繰り返すうちに目立たなくなります。嫌な臭いも取れますよ。

    (photo by 筆者)

    このライフレシピを書いた人