\ フォローしてね /

シメジの切り方

このライフレシピのもくじたたむ

手軽に買えるきのこの代表シメジ。ヘルシーですし、色々な料理に使えてとても便利な食材です。きのこはそれぞれ栽培法や形状も異なるので、下ごしらえに迷うこともありますね。今回は「シメジの切り方」を紹介しましょう。

用意するもの

  • シメジ
  • 包丁
  • まな板

シメジの切り方

STEP1

シメジは人工栽培の場合丸い株の形で培養されていますので、石付きの部分(おがくずなどが付いている所)を丸のまま切り取れません。まず半分に手で割ります。

STEP2

さらに半分に割ります。石付きの部分が斜めになっています。

STEP3

ここでシメジのなっている根元から斜めに切り落とします。こうすると周囲の軸の部分を切りすぎることなく石付きが切り取れます。

STEP4

後は鍋ものなどに入れるように、小房に分けたりバラバラにしたりします。

人工栽培のシメジは泥などもついていないし、加熱して食べるので洗わずに使います。気になる方はさっと洗っても構いません。ただし風味が落ちないように切る前に貯め水につける程度にしましょう。

おわりに

参考になりましたでしょうか。ばらしてから切るのか、ぶっつり切るのか、どこまで切ればいいのかなど案外わからないまま調理していることがありますね。シメジは根元まで柔らかくて美味しいきのこ、無駄なく使いたいですね。

(Photo by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。