\ フォローしてね /

安いテーブル赤ワインの美味しさを引き立てる裏技

気軽に楽しめるテーブルワイン。安くてもちょっとの工夫とアレンジで、とっても雰囲気のある自分だけのオリジナルワインが楽しめます。ここでは、安いテーブルワインの美味しさを引き立てるための温度の調節や味のアレンジの方法のほんの一例をご紹介します。

安いテーブルワインでも楽しみたい

ワインの楽しみ方とは?

どんなワインでもそのワインの特徴というものは、はっきりと主張しています。特に赤ワインについては、その色、香り、味(渋みー酸味ー甘味)がはっきりと主張しています。高級ワインといわれる赤ワインは常にその主張を期待され、その主張を楽しむのが通常だと思われます。

安いテーブルワインと呼ばれるワインはクオリティを求めるよりも、「気楽に飲んで楽しもう!」という領域のほうが強いのでは?と筆者は考えます。だったら自分好みのワインテイストを楽しみましょう!

値段の高い赤ワインは、味と色、香りそして値段を楽しみ、安くて手ごろなテーブル赤ワインは、その日の気分で楽しみましょう!

安ければ何でもいい?

安いテーブルワインといっても、メーカや産地などで味が異なります。まずは、いつも飲んでいるテーブルワインからアレンジを始めましょう。安いからと言って、飲んだことのないワインを使うのは冒険が付き物です。

自分がイメージできる味のワインを使うのがまずは第一段階!出来上がったワインの表情を想像しながらアレンジするのもおいしく味わう秘訣の一つだと思います。

ワインの温度を変えて楽しむ方法

温度を決めよう

自分に合ったワインの温度を探ってみましょう。特に赤ワインは温度に左右される飲み物です。通常は15度から18度くらいが適温と言われていますが、すべてがこれに適応されるものではありません。その日の気分や体調などに合わせて準備するのも一つです。

筆者の普段のテーブルワインの飲みごろ温度は大体15度前後です。アレンジする量を決めて、デカンタへ入れて分けます。必要とする分だけ別な容器に移しておきましょう。

アルコールのニオイの抜き方

テーブルワインは、開けてすぐですとアルコールのにおいが気になる場合があります。そのときはデカンタなどに移してから常温で1時間から2時間くらい放置しておくといいでしょう。余分なアルコールが少し抜けていきます。

酸味を増してすっきりさせたい時は

赤ワインの温度をいつもよりも少し5度くらい下げてみましょう。飲みごろの温度は、そのお料理やワインによって異なりますが……テーブルワインは、ご自身の好きな温度で召し上がるのがいいのでは?と考えています。

赤ワインは温度を下げると渋み成分であるタンニンが薄らぎます。そうするとほんの少し酸味が増したように感じ、すっきりとした軽い感じになります。

もっと酸味を変化したい場合は、カルフォリニアワインなど酸味の強いワインを加えてみてください。また変わったテイストが楽しめます。

渋めな香りを楽しみたい時は

赤ワインの場合この渋みが本当は重要です。渋みの素「タンニン」は、温度によって舌に与える刺激が違ってきます。また、この渋みよって独特の甘みも生み出します。ワインの温度を下げると渋みは落ち着いたように感じ、酸味や甘みが強く感じられます。その逆に温度を上げると舌に感じる渋みが強くなり、香りが強く感じられます。

ちょっと渋めのワインと香りを楽しみたいのなら、室温大体20度くらいからプラス5度くらいにしましょう。また、ワイングラスを手で温めるようにしてワインを自分の体温で温めながら飲むといいかもしれません。ちょうど、ブランディを飲むような感じです。

温かいワイン「ホットワイン」という飲み方もあります。

ワインをアレンジして楽しむ方法

アレンジをする前に

ワインをアレンジして飲む際のポイントですが、アレンジはワインを冷やす前がベストです。できることなら一定の温度の中、大体10度から17度くらいのところで1~2時間くらい休ませてあげると程よく味と香りがなじみます。

酸味を増すようにアレンジする方法

ワインの酸味は独特のものです。酸味を強くしたいのでレモンを絞る、というのもアリだと思います。しかし柑橘系を入れるとそのワインの香りや味が大きく変化します。柑橘系を入れてアレンジする場合は、ワインではない別物に仕立てるといったイメージで行うといいでしょう。

  • レモンであれば、ワイン500mlに対しておよそ小さじ2/3くらい
  • オレンジやみかん(酸味の強いもの)であれば、ワイン500mlに対して小さじ1杯くらい

柑橘系を多く入れると「サングリア」という飲み物になります。きりりと冷やして氷を入れて召し上がってください。

変化のある渋みを加える方法

意外な渋みを求めて試してみて面白かったのが、デカンタに移した赤ワインにちょっと濃いめの「日本茶」を少し足す方法です。始めはほんの少しから、量はお好みで足してください。アレンジ後1時間から2時間は休ませます。ワインの渋みとはちょっと違った後味すっきりの渋みを楽しめます。

おわりに

テーブルワインはそもそもいろんなワインをブレンドして日常的に飲みやすくしたワインです。そのままでもおいしく召し上がっていただくことのできるようにブレンドしています。でも、そのワインを自分の好みに合うようにアレンジすることも面白いことです。

ワインは、ご存じのようにブドウを発酵させてできた果実酒です。その過程やそのブドウの質、産地によって大きく変わってきます。「おいしさを知りつつ、もっと自分に近づけたい…」そんな思いが、おいしい自分だけのオリジナルワインを生み出すのではないでしょうか。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。